エントリー

末續慎吾客員准教授のインタビュー記事が掲載されました

本学に所属し活動を続ける末續慎吾客員准教授の

インタビュー記事が、産経WESTに掲載されました。

 

【希代のスプリンター 末續慎吾の告白1】

http://www.sankei.com/west/news/170806/wst1708060013-n1.html

【希代のスプリンター 末續慎吾の告白2】

http://www.sankei.com/west/news/170807/wst1708070010-n1.html

【希代のスプリンター 末續慎吾の告白3】

http://www.sankei.com/west/news/170808/wst1708080042-n1.html

【希代のスプリンター 末續慎吾の告白4】

http://www.sankei.com/west/news/170809/wst1708090005-n1.html

【希代のスプリンター 末續慎吾の告白5】

http://www.sankei.com/west/news/170810/wst1708100008-n1.html

平成30年度 星槎グループ教員・職員採用説明会のご案内

下記の要領で、第四回採用説明会を開催いたします。

日 時

平成2992()10001200(予定)

会 場

■9月2() 

神奈川メイン会場(星槎湘南大磯キャンパス)

札幌会場(星槎札幌もみじキャンパス)

浜松会場(星槎国際高等学校 浜松学習センター)

名古屋会場(星槎国際高等学校 名古屋学習センター)

 

大阪会場(星槎国際高等学校 大阪学習センター)

福井会場(星槎国際高等学校 福井学習センター)

広島会場(星槎国際高等学校 広島学習センター)

 

福岡会場(星槎国際高等学校 福岡中央学習センター)

沖縄会場(星槎国際高等学校 沖縄学習センター)

募集内容

(1)教員

 ①中学校、高等学校の教員 20名程度(予定)

  星槎中学校、星槎高等学校、星槎名古屋中学校、星槎もみじ中学校、

  星槎国際高等学校、星槎学園高等部

 ②教科等

  中学校、高等学校の全教科

 ③勤務地

  全国の星槎グループ中学、高校事業所(勤務可能な地域をお聞きします)

④着任時期

  平成304

 

(2)星槎大学事務局職員、星槎グループ本部職員 10名程度

 ①勤務地

  神奈川県内

 ②着任時期

  平成304

対 象

(1)教諭

 ①中学校、または高等学校教員免許を持っている方(見込み可)

 ②平成3041日の時点で満50歳未満の方

  (長期的な雇用によるキャリア育成のため)※原則

(2)職員

 ①平成3041日の時点で満50歳未満の方

  (長期的な雇用によるキャリア育成のため)※原則

内 容

星槎グループの概要説明、教職員採用試験についての説明 他

 ※採用試験受験には、説明会への参加が必須です。

参加申し込み

こちらの応募フォームよりお申込みください。

お問い合わせ

 星槎グループ本部 TEL0463-71-6046【担当:尾崎】

公開講座「体育指導・支援のデザインを考える」

阿部利彦先生(教育実践研究科)、山田雅之先生(教育実践研究科)、
渋谷聡先生(共生科学部)による講演会が行われます。

無料でご参加いただけますので、ぜひお申込み下さい。

 

星槎大学附属発達支援臨床センター公開講座

星槎大学大学院教育実践研究科共同企画講座

「体育指導・支援のデザインを考える」


日時:8月29日(火) 17:00~19:00 
会 場:横浜情報文化センター内 星槎大学大学院 
参加費:無料 
対象者:教職員・関係機関職員  運動につまづきがある子の支援者等 
定員:20名(先着順)

お申し込み・お問合せは、
info_gr@seisa.ac.jp または
045-212-3830までお知らせ下さい。

詳しいご案内はこちら

20170829.png

 

 

 学校生活の中で子どもたちの「できる・できない」がはっきり見える活動の 中には、体育があります。体育にはその子の学校生活全般に影響を及ぼす 可能性があると言えるでしょう。本講座では体育の苦手な子への小集団で の運動指導や「みんなが楽しく参加できる授業」について考えていきます。 指導者も楽しみながら、子どもたちに体を動かす活動のよさを伝えていく 方法を一緒に考えていきましょう。(阿部 利彦/星槎大学大学院) 

第1部 講演

「気になる子どもの運動指導 ~放課後等デイサービスの運動教室 を通して~」 

私が4年前から行っている放課後等デイサー ビスの運動教室を振り返りながら、気になる子 どもに対してどのような運動指導をしているか を報告します。それをもとに、運動や体育が 苦手な児童・生徒に対する 指導の工夫や 関わり方を情報提供していきたいと思います。(渋谷聡/星槎大学共生科学部)

第2部 ワークショップ 「みんなが楽しく参加できる授業を  目指して」  

 本ワークショップはスポーツにおける学びの 支援として「みんなが楽しく参加できる授業」 について参加者の皆さんで考えてみます。 参加者の皆様には協調学習「ジグソー法」を 体験しつつ今後の授業づくりのヒントになるよ うな機会になれば幸いです (山田 雅之/星槎大学大学院)

 

 

2018年ブータンフィールドトリップ参加者募集中

第7回共生実習フィールドトリップinブータン

参加者を募集しています。本学学生だけでなく、一般の方の参加も可能です。

<RTCについて>

星槎大学は、2009 年にブータンの首都ティンプーにて開校したロイヤル・ティンプー・カレッジ(RTC)と姉妹校であり、2012 年から交換留学プログ ラムを実施しています。 

本トリップは、ブータンと日本の懸け橋になるようにとの期待が込めらており、共に生きる世界の実現という共通の 目標に向かうヒントを得られると思います。ブータンで、共に学んでみませんか。 

<旅程案> 

宿泊先は全てロイヤル・ティンプー・カレッジ内ゲストハウス

3月20日 深夜羽田空港集合
3月21日 ブータン到着・交流
3月22日 学校訪問
3月23日 文化施設見学
3月24日 ハイキング・寺院巡礼
3月25日 ブータン出発
3月26日 早朝羽田空港着

 

 

 

 

 

 

 

 

※星槎大学の学生の方は参加により、

 最大で 4 単位 (内スクーリング 4 単位)の修得が可能です。 

 詳しくは「星槎大学からの重要連絡事項 5・7 月号」 をご覧ください。

☆お問い合わせ先 

星槎大学横浜事務局 国際交流センター (担当:田邉・小澤) 

E-mail:m_tanabe@seisa.ac.jp   TEL:045-979-0261   

☆お申込み締め切り:2017年12月20日

2018bhutantrip.png

スマナ・バルア星槎大学特任教授による大学院の特別セミナー実施

7月15日(土)に横浜キャンパスで

元WHOハンセン病部長で

スマナ・バルア星槎大学特任教授による大学院の特別セミナーが

実施されました。参加した大学院生は全員看護師や保健師で、

ハンセン病看護研究や国際保健などをテーマに修士論文に取り組んでいます。 

国連アカデミックインパクトのブログでもその様子を紹介しています。

https://www.academicimpact.jp/seisa/

 22.png

ぜひご覧ください。

2,000人の一斉授業! 2017星槎オリンピックスポーツ部門が開催されました!

平成29年7月7日(金)、川崎市とどろきアリーナにおいて、星槎に学ぶ関東圏の13校舎の高校生約2000人による17回目となる「星槎オリンピックスポーツ部門」が開催されました。ひとりの学びを大切にすると同時に、全国に仲間が学ぶ星槎ならではの特色ある一斉授業のひとつです。また、星槎オリンピックの内容は、生徒それぞれが、自分の得意なこと、あるいは興味関心のあることに、思いっきり取組み、そして輝けるよう、今回のスポーツに加えて、美術、クリエイティブ(表現)、料理、伝統競技そして通信競技(漢字や歴史など、100種類以上)など、多岐にわたります。「する・みる・ささえる」、生徒それぞれが大活躍した1日でした。そしてこうした大規模な授業が、準備、練習、本番、片付けまで、感動のある中でしっかりと運営できていることが、イベントそして学校全体の成長を物語っているように思います。

seisanews20170707_1.jpg

seisanews20170707_2.jpg

<試合結果>

【メイン種目】

■バスケットボール混合
①八王子学習センター ②名古屋学習センター ③星槎高校、星槎甲府キャンパス
MVP 石川 寛隆(名古屋学習センター)

■バスケットボール女子
①八王子学習センター ②湘南学習センター ③星槎甲府キャンパス、鴨居・福井合同チーム
MVP 巻寄 ももか(福井学習センター)

■ドッジボール
①横浜鴨居学習センター ②八王子学習センター ③立川学習センター、横浜ポートサイド校
MVP 山本 航平(横浜鴨居学習センター)

■ソフトバレーボール
①湘南学習センター ②浜松学習センター ③八王子学習センター、湘南校
MVP 野末 実紗(浜松学習センター)

■卓球
<男子>
①寶村 哲明(湘南校) ② 天野 光(立川GC) ③高草紀 優(星槎高校)若菜 元晴(横浜ポートサイド校)

<女子>
①酒井 心優(浜松GC) ②霧生 なぎさ(湘南校) ③横手 美波(八王子)竹田瞳(星槎高校)
☆スーパーMVP 
村上 陽南(八王子学習センター)



【サブ競技】
■大縄跳び
①湘南学習センター ②立川学習センター ③浦和高等学園

■玉入れ
①湘南学習センター ②厚木学習センター ③横浜鴨居学習センター



【エントランス競技】
■豆つかみ
大嶋 愛香(BLEA女子高等部)

■けん玉
優勝 河村 悠平(横浜ポートサイド校)

■万歩計ダッシュ
優勝 鮑子 功成(北斗校)

■万歩計ダッシュ
優勝 水上 和紀(北斗校)
   渡辺 遵基(八王子GC)

■ルービックキューブ
優勝(1面)鈴木 麻友(横浜ポートサイド校)
優勝(6面)鈴木 麻友(横浜ポートサイド校)



【応援旗部門】
最優秀賞・八王子学習センター
優秀賞・立川学習センター、浦和高等学園
デザイン賞・名古屋学習センター
グッドキャッチフレーズ賞・北斗校


ペアレントトレーニングセミナー@大宮

 

子どもの行動を抑制するのではなく、周囲の大人の効果的な

関わりについて演習を交えながら解説していくセミナーが

星槎学園大宮校にて行われます。

どなたでもご参加頂けます(参加費1,500円)。

 

全6回の予定ですので、ご都合のつく回のみ

参加頂くこともできますので、お近くの方はぜひお運びください。

 

【日時】7月17日(月祝)14:00-15:30

【会場】星槎学園大宮校

    さいたま市北区本郷町258-1

    JR宇都宮線「土呂駅」西口徒歩8分

【参加費】1,500円

【ご予約・お問合せ】048-661-1881 星槎学園大宮校

20170717omiya.png

宮澤会長が、平成29年度外務大臣表彰を受賞されました!

エリトリア、ブータン、ミャンマー、バングラデシュ、サイパンなどにおける、長年の国際協力活動、人道支援活動の功績が認められ、星槎グループの会長であり、世界こども財団の副理事長である宮澤保夫氏に、平成29年度外務大臣表彰が贈られます。

この賞は、国籍を問わず日本と諸外国との友好親善に努めた方の中で、特に顕著な実績のあった個人および団体について、その功績を称えるものです。併せて、その活動に対し一層の理解と支持を国民各層にお願いすることを目的としています。

世界こども財団は、宮澤氏の受賞を契機に、これまでの活動をさらに発展させてまいります。

表彰式は、7月6日に外務省東京飯倉公館において行われます。

 

seisanews20170701.jpg

 

 

自然環境共生実験・実習「沖縄の自然保護の現場をめぐり人と自然、平和との共生を学ぶ」

美しい自然に寄り添う人々の暮らしと開発とがせめぎあう現場をめぐり、人々の 話に耳を傾け、自らの目と耳と身体とで自然と人との共生、平和との共生を学び、ともに考える演習です。

参加申し込み受付中 チラシのダウンロードはこちらから 

201708okinawa.png

ミャンマー柔道代表チーム 星槎道都大学でのトレーニングキャンプを開始

世界こども財団、星槎グループはミャンマーオリンピック委員会(MOC)と”Myanmar Japan Sports Collaboration”の協定を2017年4月に交わし、スポーツを通してミャンマーの青少年を支援する活動を始めています。

すでに同国陸上競技代表チームに村田コーチを派遣していますが、さらにMOCから、2017年8月にマレーシアで開催されるSEA Games(東南アジア競技大会)に向けたミャンマー柔道チームの強化合宿のサポートへの要請を受けました。

北海道の星槎道都大学の柔道部は、団体、個人においても何度も北海道で優勝し、全国大会に出場している強豪です。ミャンマーの柔道チームは6月28日に北海道に到着し、その翌日から星槎道都大学柔道部との合同練習を開始しました。これから7月末まで、北海道に滞在し、ミャンマーに比べ格段に涼しい環境での集中的トレーニングを実施します。

 

もちろん、強くなること、SEA Gamesでより良い結果を残すことも大切ですが、私たちの望みはそれだけではありません。日本の柔道選手たちとふれあい、お互いに学んで欲しいと願っています。私たちはスポーツには言葉の壁を乗り越えて笑顔の連鎖をつくる力があり、そのことがミャンマーと日本の友好をさらに強くすることを信じています。

CIMG40522.jpg

CIMG4076.jpg

CIMG4112.jpg

CIMG4056.jpg

ページ移動

ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed