エントリー

2018年 第1・2回 ラジオCM&番組選手権 受賞作品

seisa_radiopr_image1.png

平成30年度よりスタートしました【メディア研究ゼミ】および【メディア専攻】の授業では、全国の星槎の高校生たちが、メディアの役割・必要性・制作技術を学んでいます。FM湘南マジックウェイブと連携し、第1回CM制作選手権・第2回番組制作選手権を開催いたしました。高校生ならではの視点で、星槎の学校生活・地域の情報を発信しています。
40作品の応募のうち、それぞれ受賞した作品をご紹介いたします。

 

seisa_banner_radio201807.png

seisa_banner_radio201811.png

 

 

 

SEISA陸上アドバイザー末續慎吾 主宰 第2回「走ることを知る教室」2018.12.6開催

seisa_news20181206.jpg

日本陸上競技界の短距離歴史上、最高の実績を残している星槎国際湘南陸上部アドバイザーの末續慎吾選手主宰による「走ることを知る教室」が、トップアスリートの意識や姿勢を学ぶこと、走るとは、スポーツとはなにかを学び、各専門種目に生かすきっかけとすること、そして何よりも走ること、スポーツの楽しさを学ぶことなどを趣旨として、7月に引き続き12月6日(木)、星槎国際湘南の校舎内で第2回目が開かれた。オリンピック出場や国内、県内上位を目指す星槎国際湘南、星槎国際川口のスポーツ専攻の生徒を対象として52名の生徒が参加。当初は外で走り方を指導していただく予定だったが、雨天のため講演という形で開催した。
末續選手からは、走ることはどういうことなのか、スポーツをすることはどういった意義なのか、今までの経験を通して伝えてもらい、末續選手が生徒に問いかけ、会話しながら参加型の講演から多くを学んだ。生徒は終始メモを取るなど目を輝かす場面が多く見られ、後半には20分ほど質問の時間があり、生徒からは多くの手が上がるなど積極的な姿が印象的だった。
末續選手は講演で、「物事、スポーツは思い通りにならないことが前提である。まずそこを知ることが大切。指導者や先生から待つような受け身で言われたことをやるだけではいけない、伸びることもなくなる。何でも自分から動き、知ること、会話することが大切である。」と強いメッセージを頂いた。また生徒からの、今まで続けて結果が残せた理由は?という質問には、「負けたくなかった。勝ちたいというより負けたくなかった。」と負けず嫌いが結果を残せた秘訣と伝えていた。
参加した生徒からは、「会話すること、知ることの大切さを学べた。」、「コツやバネのことについて知れた。」、「スポーツとどう向き合うか、指導者とのコミュニケーションなどいろいろなことを知れた。」、「今自分はやるべきことについて知れたのでとても満足した。」などの感想があがった。また、もっと学びたいだけでなく、走りが観れなかったこと、一緒に走れなかったことに対して残念な声も上がったほど盛況であった。
(星槎国際湘南陸上部コーチ 門馬 健大)

【全国保護者会・卒業生親の会】世代と立場を超えて繋がる! 笑顔あふれる忘年会が開催されました。

zenkokukai1.jpg

zenkokukai2.jpg

zenkokukai3.jpg

zenkokukai4.jpg

zenkokukai5.jpg

今年も、星槎全国保護者会、全国卒業生親の会が集っての忘年会を開催。

過去最高の200人近くの全国の皆さまが、歴史と想いの詰まった星槎高尾キャンパス大広間に集いました。

2000年代当初から昨年度の卒業生保護者、在校生保護者の方々までが、「ごちゃ混ぜ」に関わり合いながら、笑顔の連鎖が広がっていきました。

この大きなエネルギーを、明日へと繋げていくために、これからも星槎全国会の場面創りは続いていきます。

 

今年もありがとうございました!

2018年サイパン台風被害への義援金募集活動にご協力ください!

seisa_news20181205.jpg

2018年10月24日に北マリアナ諸島を直撃した台風26号により、サイパンでは建物の損壊や停電等、甚大な被害が出ております。
星槎の姉妹校であるサイパン・マリアナハイスクール(MHS)の校舎にも大きな被害が出ているとの報告が届いております。 30年来の仲間の困難な状況に対して、星槎グループ全体で義捐金を通した支援活動を行いたいと思います。

 

● 詳しくは世界こども財団(FGC)のホームページをご覧ください。
http://www.fgc.or.jp/blog/archives/4401

義援金募金に関するご案内はこちら(PDF)

京都仁風庵 星槎塾「はなしの玉手箱」第17回 12/13開催

日 時:2018年12月13日(木) 13:30~14:30
会 場:KYOBIホール(京都美術工芸大学東山キャンパス)
京都市東山区川端通七条上ル
(本講演についてのお問合せは下記TAKUMI事務局まで)
会 費:一般 1,500円
学生 無料(150名まで、当日受付にて学生証の提示をお願いします)
定 員:80名+学生150名。事前申込制(先着順) 下記TAKUMI事務局までお申込み下さい。
【お問合せ・お申込み】
TAKUMI 事務局 Mail:takumi@kamashun.co.jp
TEL:0467-24-7223 FAX::0467-60-1205

2018年12月3日(月)電話工事に伴う電話不通のお知らせ

横浜事務局では、2018年12月3日(月)、終日電話工事のため、お電話でのお問い合わせをストップさせていただきます。
ご迷惑おかけしますが、この日のお問い合わせは、下記メールアドレスにお問い合わせいただきますよう、お願いいたします。

Eメールでのお問い合わせ:星槎大学お問い合わせ窓口(info@seisa.ac.jp)

野村克也氏講演「凡人の強み」盛況の中終了、こどもからおとなまで1200人が生き方を学ぶ!

seisa_news20181119_2.jpg

11月20日、星槎グループ主催のもと、野村克也氏(元プロ野球選手、監督、現解説者)を大磯プリンスホテルにお招きし、「凡人の強み」と題した講演を開催。地域の皆さんと星槎の生徒ら、そして全国31会場をテレビ会議でつなぎ、約1200人が野村氏の生き方を通して、ともに学ぶ時間を過ごしました。


極めて貧困の中にあった生い立ち、そこから這い上がるための希望であり手段となったプロ野球の世界、さらにはサッチーこと奥様、沙知代さんへの想いなどが語られ、会場には涙ぐむ人も見られました。退場時には会場全体をまわり、挨拶を交わし、万雷の拍手の中での締めとなりました。また、会場ロビーには生い立ちから現在までのさまざまな写真やユニフォームなども展示され、たくさんの人が足を止めて見入っていました。「学校という枠を超えて、地域に学び、地域と共に学ぶ」ことをテーマに、星槎グループでは今後もさまざまな学びの機会を創出していきます。

seisa_news20181119_1.jpg

seisa_news20181119_3.jpg

【全国生徒会】SAAB(SEISA Africa Asia Bridge)2018レポート

SAAB全国生徒会研修が、2018年11月9日(金)~11日(日)の二泊三日で実施されました。今年のSAAB全国生徒会研修には、全国から39名の生徒が参加し、積極的に交流が行われました。SAABとはアジア、アフリカ、太平洋の島国を知り、お互いを認め合い、そして、つながる“架け橋”となることを目的とした国際交流イベントのことを言い、「SEISA Africa・Asia Bridge 2018」の通称です。(※以下SAAB)

SAABでは2015年に国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された持続可能な開発目標である『SDGs』の達成にも取り組んでおり、全国生徒会ではこのSDGsの17の目標のうち、Goal7に着目した研究発表をステージで行いました。星槎グループで取り組んでいる「星槎電力プロジェクト」と連携し、各校で「持続可能なエネルギーとは」「クリーンなエネルギーとは」など様々な調査を進めている今年度。今回のSAABでは、全国の仲間でミックスされた6グループに分かれて「アフリカ」「アジア」をキーワードにして調査・研究から発表までを行いました。

迎えたSAAB初日。「星槎全国生徒会 ~星槎電力プロジェクト×SAAB~」と題して始まったステージでは、各グループの生徒達がリハーサルよりもさらにレベルを上げた発表を堂々とステージで行いました。

 

saab_seitokai2018_1.jpg

saab_seitokai2018_2.jpg

 

「アフリカの現状を知る」や「アジア・アフリカの発電の違い」など各グループのテーマや発表方法は様々。各発電方法のメリットやデメリット、国ごとの比較などを具体的に示しながらこれからの未来を考える発表を行いました。6つのグループの発表後には、星槎電力プロジェクトにご協力頂いている『みんな電力株式会社』の大石代表取締役に講評をして頂きました。大石代表取締役からの「感動した」や「もっとたくさんの人たちに聞いてほしい」というお言葉、そして今後の星槎電力プロジェクトのヒントになるお言葉をたくさん頂きました。大石様、本当に有難うございました。

研究発表終了後の研修最終日は、星槎高校の生徒会役員の皆さんに、SAAB会場の案内をして頂き、さらには外ステージでファッションショーに参加しアフリカの衣服を着させて頂いたり、湘南マジックウエイブ(85.6MHz)のラジオに生出演したり、みんなでフィナーレに参加したりとたくさんの場面と感動を共有することができました。

星槎全国生徒会は今後も「繋がり」を大切にし、積極的に他者との交流を図りながら全国にいる仲間との輪を広げていきたいと思います。そして、星槎電力プロジェクトというプロジェクトを推進しながら知識を増やし、自分自身で物事を「選択する力」を身につけていくように努力し続けていきたいと思います。

生徒会の活動はまだまだこれから!今後も星槎全国生徒会の活動にぜひご注目ください。

 

saab_seitokai2018_3.jpg

saab_seitokai2018_4.jpg

saab_seitokai2018_5.jpg

 

【全国保護者会・全国卒業生親の会】SAAB(SEISA Africa Asia Bridge)2018レポート

saab_oyanokai2018_1.jpg

saab_oyanokai2018_5.jpg

子どもから大人、地域の方、保護者の方、そして卒業生も。

SEISAに関わる7,000人以上が参加してのSEISA最大の学びの祭典、第4回SAAB(SEISA Africa Asia Bridge)が、11/10-11(土日)の二日間にかけて行われ、大きな感動の中で無事に終了しました。アフリカ、アジアを中心とする国の人たち、大使館関係24カ国、その他10カ国、日本を含めて35カ国が参加し、知って繋がる「知繋 -ちけい-」をテーマに関わり合う2日間でした。

未来、世界と日本、そして地域に目を向けたこのイベントは、学校を超えた、日本を代表する取り組みのひとつです! そんなSAAB2018、星槎全国会からも、全国生徒会、全国同窓会、全国保護者会、全国卒業生親の会からも参加してまいりました。

今回は、全国保護者会、全国卒業生保護者会のご報告をさせていただきます。

saab_oyanokai2018_2.jpg

saab_oyanokai2018_1.jpg

saab_oyanokai2018_3.jpg

saab_oyanokai2018_4.jpg

今回、全国保護者会、全国卒業生親の会では、初のこころみとして、「SAAB見学役員会」を開催いたしました。 北は北海道、南は沖縄、全国の保護者の方々が集い、一日目に役員会をおこないました。全国会の役割であります、支部の保護者会・卒親の会の活性化を中心に議論され、三森アドバイザーより星槎の歴史を、星槎職員としてだけではなく、母親、保護者応援団の目線で助言をいただき、充実した時間となりました。

2日目は、実際にSAAB会場へ足を運び、見学にまいりました。宮澤保夫会長も全国会の皆さまのためにと、多忙な中お時間をつくっていただき、「星槎の仲間」に感謝しながら一人一人熱い握手を交わしていただきました。SAABに参加する子どもたちとともに、ともに学んだ一日となりました。

全国の保護者と保護者をつなぎ、あらゆる知恵をつなぎ、保護者が笑顔になり、世界中の子どもたちの笑顔の連鎖を起こしていく。 星槎全国保護者会・卒業生親の会は、これからも立場を超えて関わり合い、繋がる「集合体」として、活動していきます。

お世話になりました全ての皆さま、ありがとうございました。

 

【全国同窓会】SAAB(SEISA Africa Asia Bridge)2018レポート

saab2018_dousou1.jpgsaab2018_dousou2.jpg

saab2018_dousou3.jpg

saab2018_dousou4.jpg

子どもから大人、地域の方、保護者の方、そして卒業生も。

SEISAに関わる7,000人以上が参加してのSEISA最大の学びの祭典、第4回SAAB(SEISA Africa Asia Bridge)が、11/10-11(土日)の二日間にかけて行われ、大きな感動の中で無事に終了しました。

アフリカ、アジアを中心とする国の人たち、大使館関係24カ国、その他10カ国、日本を含めて35カ国が参加し、知って繋がる「知繋 -ちけい-」をテーマに関わり合う2日間でした。

未来、世界と日本、そして地域に目を向けたこのイベントは、学校を超えた、日本を代表する取り組みのひとつです! そんなSAAB2018、星槎全国会からも、全国生徒会、全国同窓会、全国保護者会、全国卒業生親の会からも参加してまいりました。 今回は、全国同窓会のメンバーのうちの一人の活躍をお伝えしたいと思います。

saab2018_dousou5.jpg

saab2018_dousou7.jpgsaab2018_dousou8.jpg

星槎国際高校名古屋卒業のTさんは、SAAB開催日の2日前から会場入りし、大使館の方々、宮澤保夫会長、プレゼンテーション大会sTEDが行われるステージ(体育館)のスタッフとして4日間、大きな責任を果たしました。

Tさんは星槎国際高校の専攻科生でもあり、今後に繋がる大きな学びとなった4日間でもありました。

 

星槎全国会は、立場を超えて関わり合い、繋がり、笑顔の連鎖を起こす「集合体」として、これからも活動していきます。

ページ移動

ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed