エントリー

カテゴリー「星槎からのお知らせ」の検索結果は以下のとおりです。

子どもたちを見守りつづけた、コマチ、旅立つ(星槎学園 湘南校)

2018年4月11日(水)朝方、湘南校で私たちを見守り続け、みんなに愛された、アイドル猫「こまち」が天国へ旅立ちました。湘南校はとてつもない悲しみに包まれました・・・。

seisa_news20180426_1.jpg

こまちは、捨て猫でした。およそ 20 年前、湘南校 1 期生の生 徒会長が 3 年生の時に、学校に連れてきてくれたそうです。こまちの兄弟、ひかりも一緒にやってきて、やんちゃなひかりとは対照的に、人懐っこく、優しく、美人な猫だったそうです。

こまちは最近はずっと校舎の中で寝ていることが多かったのですが、お出かけすることもあり、夜になってやっと帰ってくることも。でも朝帰りはせず、毎日ちゃんと帰ってきましたよ(笑)。

seisa_news20180426_2.jpg

校舎の中では、いつも生徒や職員のそばにいました。授業中、突然机の上に乗ってきたり、プリントの上に乗って勉強を邪魔をしたり。冬になると知らない間に生徒のマフラーやコートにくるまり、甘えていました。テスト中にこっそり入ってきて、大きな声で「ニャー」なんて言うこともありました。職員会議にもいつでも参加(笑)。職員の机の上をうろうろして、暖かい場所や居心地の良い場所を探しては、ところ構わず熟睡したり。そうそう、パソコンを打つ手の上に乗っかることもありました。最近ではビニールのガザガザという音を、“おやつ”だと思って近くにやってきたり・・・。悲しい思いをしている生徒や職員の気持ちを不思議と察知し、その日はずっと寄り添ったり、膝に乗ったり、優しく、悲しみを癒してくれたことも、よくありましたね。

あげればきりがない、こまちとの思い出です。生徒の皆さんも思わずくすっと笑ってしまうかわいいこまちを思い出すのではないでしょうか。

seisa_news20180426_3.jpg

こまちは今年の春休み頃から体調を崩すようになり、思うようにジャンプできなかったり、足腰も弱ってきてしまいました。私たち職員もとても心配をし、なんとか、みんなの登校までは22期生の入学までは...と看病していました。

さすが、こまち。ちゃんとみんなを待っててくれたね。みかん校舎の、富士山の見えるガーデンテラスにお墓を作りました。

ひかり(2016年3月に天国へ)には会えたかな?ちゅーるは食べてる? かつお節は食べ過ぎてない?

20年間、湘南校にいてくれて、みんなを癒してくれて、支えてくれてありがとう。

 今まで本当にありがとう。天国で見守っててね。

ミャンマーオリンピック委員会と三カ国目となる事前キャンプ協定調印締結

seisa_news20180424.jpg

星槎グループは、ミャンマーオリンピック委員会(MOC)・神奈川県・小田原市・箱根町・大磯町とエリトリアとブータン王国に続く3カ国目となる東京オリンピックパラリンピック事前キャンプに向けての調印締結を無事に終えたことをご報告させて頂きます。ミャンマーオリンピック委員会(MOC)は、22日に来日し、星槎レイクアリーナ箱根、星槎箱根キャンパス、小田原市城山陸上競技場等を視察しました。MOC一行は、27日まで滞在し、日本オリンピック委員会訪問、ナショナルトレーニングセンター視察等も予定しています。

<お問い合わせ>
世界こども財団 TEL 0463-74-5359

 

星槎国際川口に日本初!「近代五種部」創設

近代5種元日本代表監督の才藤 浩コーチの指導の下、
日々練習を重ねています。目指すは、東京五輪。
皆さまの温かい応援、お願いします。

詳しくはこちら

https://www.nikkansports.com/sports/news/201804060000013.html
https://www.nikkansports.com/sports/news/201804060000213.html

 

 

<学校に関するお問い合わせ>
星槎国際高等学校川口キャンパス
048-229-3522 担当:合田、武内

kawaguchi@seisa.ac.jp

 

 

上野優佳(星槎国際川口)快挙!  フェンシング世界選手権で金メダル獲得!

川口キャンパスに在籍の上野優佳が、
フェンシングジュニア・カデ世界選手権大会(イタリア)で、
U-20、U-17の2カテゴリーで金メダルを獲得。
世界の頂点に立ちました。

http://www.oita-press.co.jp/1010000000/2018/04/09/JD0056798040

 

<学校に関するお問い合わせ>
星槎国際高等学校川口キャンパス
048-229-3522 担当:合田、武内

kawaguchi@seisa.ac.jp

4月より星槎小田原キャンパスが開校!入学相談がスタートします。

4月からの星槎小田原キャンパスの開校を前に、本日320日(火)午後1時から、小田原市役所において臨時記者会見が行われました。小田原市からは加藤市長、国際学園からは井上理事長が代表し、本契約に至るまでのそれぞれの経緯、そしてこれからの希望が語られました。

seisa_news20180320_1.jpgseisa_news20180320_2.jpg

施設の1階、2階は、全国に約5,500人が学ぶ星槎国際高等学校の学習センターとなります。単位制・通信制の柔軟性を活かし、「学校に生徒が合わせるのではなく、生徒それぞれの学びやすさに合わせる学校」として、創立以来20年にわたり、登校型通信制のさきがけとして、その後の通信制高校のあり方、学び作りのあり方に大きな影響を与えてきました。「簡単に、手軽に、安く高卒資格が取れます」という、たいへん残念な通信制高校が目立つ中で、生徒それぞれの学びやすさ、生き方にスポットをあて、丁寧に関わり合い、生きる力を育む環境作りが、小田原の地でまたあらたにスタートすることとなります。

尚、星槎国際高等学校小田原学習センターでは、平成30年度新入及び転編入を希望する生徒に対して、専門の相談窓口を設けています。対象は、高校生だけでなく、高校既卒生、中学生そして小学校高学年の相談も受け付けていますので、お気軽にご相談ください。

 

<お問い合わせはこちら>

星槎小田原キャンパス・星槎国際高等学校小田原学習センター相談窓口

住所小田原市根府川41(旧片浦中学校 JR東海道本線根府川駅下車 徒歩8分)

TEL 0465-28-3830 0463-71-6047 専門相談担当:工藤、桑原

E-mail  メールでのお問い合わせ

 

seisa_news20180320_5.jpgseisa_news20180320_6.jpg

 

● アクセスマップ

 

 

文部科学省委託事業「多様な学習支援推進事業」報告書

学校法人国際学園として、文部科学省「多様な学習支援推進事業」

として取り組んできた、「通信制高等学校における多様な生徒への

個別支援システムの研究・開発」が完了しました。

 

これに伴い、報告書をアップロードしました。

この知見をもとに、さらなる星槎グループ全体での発展を

進めて参ります。

 

報告書はこちら

http://seisa.ac.jp/about/20180314seisareport_careerguide.pdf

 

 

2/11付毎日新聞朝刊に宮澤会長、星槎グループが 紹介されています。

● 詳しい記事は下記よりご覧ください。

 

『ストーリー 多様な生徒は「俺の鏡」(その1) いかだで星を目指す』
URL https://mainichi.jp/articles/20180211/ddm/001/040/162000c

『ストーリー 多様な生徒は「俺の鏡」(その2止) 「普通」なじめぬ子に』
URL https://mainichi.jp/articles/20180211/ddm/010/040/165000c

 

 

 

宮澤ひなた選手(星槎国際高校湘南女子サッカー)、日テレ・ベレーザ入団へ!

seisa_miyazawa_hinata201801.jpg

全国の高校部活動から唯一、なでしこジャパン(女子サッカー日本代表)候補となっている宮澤ひなた選手が、日テレ・ベレーザへ入団することが決まりました。
星槎国際高校湘南女子サッカーともども、これからも応援をよろしくお願いいたします。

<日テレ・ベレーザ ニュース>
詳細ページはこちら

全教連 課題研究報告シンポジウム「アクティブラーニングの憂鬱と愉悦」開催!

2020年からアクティブラーニングが本格的に始まります。「何をどのように教えればいいのか」「教科に落とし込むには?」などなど問題は山積しています。生徒のプレゼンテーションを手がかりに星槎での実践を踏まえ「主体的・対話的で深い学び」について、皆さんと一緒に考えます。

【日  時】2018年2月10日 13:30〜16:00

【会  場】ニュースパーク 日本新聞博物館2階イベントルーム

      (横浜市中区日本大通11横浜情報文化センター2階)

【構  成】第一部 「中高生によるプレゼンテーション」

      第二部 「中高大教員によるパネルディスカッション」

【参加申込】こちらのフォームからお申込みいただけます。

      電話でのお申込み:045-979-0261(星槎大学横浜事務局)

詳しくはこちらのチラシをご覧ください。

よしもと沖縄とコラボ!アクティブラーニング実践演習(12/15)

大学教授、放送作家、お笑い芸人による異色の授業が

行われます。

各分野のプロから表現力 を学び、コミュニケーション能力を

高める星槎の「アクティブ・ラーニング」 に参加してみませんか。

 

アクティブラーニング実践演習

公開講座「表現力向上」

~オーディエンスをいかに惹きつけるか~

2017年12月15日(金)13:30~15:20

よしもと沖縄花月

(とまりんアネックスビル2階)

参加費無料・定員20名

 

<お申込み・お問い合わせ先>

星槎国際高校  沖縄学習センター

TEL : 098-931-1003   

FAX : 098-931-1015   

MAIL : okinawa@seisa.ed.jp

20171215okinawa.png

171215okinawa.pdf

ページ移動

ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed