エントリー

カテゴリー「星槎からのお知らせ」の検索結果は以下のとおりです。

日本で唯一の生徒会の取り組み!星槎全国生徒会研修が行われました!

8月21日~23日の2泊3日、全国から各校舎の代表生徒・職員51名が関東に集結し『星槎全国生徒会研修』を実施しました。今回集結したのは、全国の各校舎で選ばれた「生徒代表者」です。星槎の各校舎には「生徒会」が存在し、そんな各校の「生徒会」を束ねる星槎の全国組織が「星槎全国生徒会」です。
星槎全国生徒会は毎年8月、11月に全国の仲間との繋がりを体感し、そして互いに伝えあい学び合い自分自身と各校舎をさらに成長させていく為の研修を行っています。普段はインターネットを通じて、画面越しでしか関わり合うことのできない全国の仲間と直に顔を合わせ、様々な研修・交流プログラムを行い、3日間寝食を共にすることで、自分たちの未来、星槎の未来、世界の未来を考えていきました。

星槎全国生徒会研修

今年度の全国生徒会のテーマは「ブラッシュアップ」。昨年度、全国生徒会として新たに「星槎電力プロジェクト」と連携し、様々な発表や制作物を作り上げてきました。そして「選択する力」をテーマに、世界のエネルギー事情や未来の選択、そして未来にむけて自分たちにできることなどを考えていきました。今年度は「選択」してきた昨年度の学びをさらに深め、磨き上げ、そこに実践をいれながら『ブラッシュアップ』させていくことがテーマです。
また、今年度の研修では、「星槎」を改めて考える機会として星槎の創設者である宮澤会長の特別講話が行われました。星槎グループ本部のある星槎湘南大磯キャンパスで星槎の成り立ち、宮澤会長の想い、生徒会としての役割などを語って頂きました。宮澤会長の言葉一つ一つが生徒の心に響き、今後自分たちがどのように「行動」してくかを考えるたくさんのヒントを得ることができました。

星槎全国生徒会研修2星槎全国生徒会研修3.jpg

星槎湘南大磯キャンパスから、星槎高尾キャンパスに場所を移したあとは、今年度の地区生徒会研修の報告会、そして昨年度の成果物である「星槎電力プロジェクト 副読本」の各校舎発表です。「ブラッシュアップ」をすべく、自分たちが何に着目し、今必要な情報を吟味し、今後どのように内容を深めていくかを発表していきました。31校舎全ての発表をしっかり聞き取り、情報交換を行いながら、年度末には『星槎電力プロジェクト 副読本 第3版』を作り上げていきます。

星槎全国生徒会研修4星槎全国生徒会研修5

そして研修の最後には11月に開催されるSAAB(SEISA Africa-Asia Bridge)に向けて、「SDGs 私たちができるGoal達成への道」についてグループワークを行いました。グループ毎にGoalを1つ決め、調査内容、調査方法を話し合い、今後ネットワーク上での打ち合わせを重ね、SAABのステージで発表を創り上げていきます。多くの人に「SDGs」をそして「自分たちの想い」を伝えていけるように今後も全国生徒会は仲間を作り続けながら自己研鑽していきます。

全国で唯一!仲間と繋がり、社会と繋がり、世界とつながる生徒会!星槎全国生徒会の活動に今後もご注目をお願い致します!!

IMG_1220.jpg

IMG_1428.jpg

IMG_1212.jpg

 

星槎全国会ホームページ 

 

 

 

星槎国際湘南 全日本ジュニア体操選手権大会入賞報告!

seisa_news20190822_1.jpg

seisa_news20190822_2.jpg

全日本ジュニア体操競技選手権大会出場 星槎国際湘南 柏木淑里さん6位入賞
8月12日(月)~17日(土)横浜文化体育館で行われた全日本ジュニア体操競技選手権大会で柏木さんが見事6位入賞を果たしました。この大会は2020年東京オリンピックにつながる大きな大会です。
引き続き応援よろしくお願いします。


seisa_news20190822_3.jpg

seisa_news20190822_4.jpg

続いて、全日本ジュニア体操選手権大会に出場をした岡慎之助君(高校1年生)8位。
周りの声援を力に変え全力で臨みました。結果は8位。高校1年生の中ではトップの成績です。課題を克服し次の試合に臨みます。
応援よろしくお願いします。

【速報】鍵山優真君、関東サマートロフィ2019(フィギュアスケート)で見事優勝!

鍵山優真君(星槎国際高校横浜 1年)が、8/8~11、埼玉アリーナで行われております「関東サマートロフィ2019」で見事優勝しました! ライバルである佐藤駿選手(埼玉栄高校 1年)と、共にノーミスでの演技、勝負が話題になっています。


フィギュアスケート2019-2020全大会の予定・日程・出場選手・結果一覧

【もう一つの全国大会】 全国高等学校定時制通信制体育大会 卓球大会 星槎国際立川 大﨑風和里選手 優勝!!

インターハイに加えて、全国の星槎国際より130名を超える選手が出場している全国高等学校定時制通信制体育大会。卓球大会に出場した星槎国際立川 2年生 大﨑 風和里(オオサキ フワリ)選手が、女子個人の部において見事、激戦を勝ち抜き、全国優勝を果たしました。
一人ひとりのドラマが詰まった、もう一つの全国大会。まだまだ競技は続いています。
引き続き、応援のほど、よろしくお願いいたします。

星槎国際立川ホームページ

全国高等学校定時制通信制体育大会 卓球大会  星槎国際立川 大﨑風和里選手 優勝_1.jpg
全国高等学校定時制通信制体育大会 卓球大会  星槎国際立川 大﨑風和里選手 優勝_2.jpg
全国高等学校定時制通信制体育大会 卓球大会  星槎国際立川 大﨑風和里選手 優勝_3.jpg

【速報】インハイ2019 フェンシング男子サーブル 星槎国際川口、小久保真旺選手、初優勝!

seisa_news2190729.jpg

速報です。

南部九州高校総体インターハイ2019フェンシング男子サーブルにおいて星槎国際川口の小久保真旺選手が、2年生ながら見事に初優勝を成し遂げました。詳しい情報はこれから。今後の小久保君の活躍に注目してください。優勝直後の画像も添えておきます。

インターハイ試合結果はこちら
星槎国際川口スポーツアスリートコースはこちら

 

 

インターハイ2019壮行会が開催されました!

星槎グループインターハイ2019壮行会3

星槎グループインターハイ2019壮行会2

星槎グループインターハイ2019壮行会1

星槎グループインターハイ2019壮行会 校歌斉唱

2019年7月19日(金)、横浜ロイヤルパークホテルにて、星槎全国後援会主催のもと「インターハイ2019壮行会及び県予選祝勝会」が約250名の参加の中で開催されました。今回の対象は、星槎国際高校湘南女子バレーボール部、女子体操競技部そして星槎国際川口フェンシング部、すべて初出場となる総勢32名です。奥寺 康彦実行委員長(星槎国際高校湘南 名誉校長)の挨拶に始まり、途中では末續 慎吾 星槎陸上アドバイザー(星槎大学特任准教授)も駆けつけるなど、たくさんの方から応援のメッセージをいただきました。選手らは7/24(水)から南部九州で始まるインターハイに向けて、力強いスタートを切っています。また、星槎の全国の校舎を見渡すと、オリンピック出場を目指し世界で闘っている選手や、定時制通信制の部で全国大会に出場する選手など、この夏、約130名の生徒がそれぞれのあらたな物語を作っていくこととなります。たくさんの応援をよろしくお願いいたします。

※星槎国際高校福井 若狭ものづくり美学舎の杉谷 優太選手もウェイトリフティング競技において、インターハイ出場を決めています。あわせて応援のほど、よろしくお願いいたします。

【訃報】『ロロ』永眠。

roko20190705.jpg

いつも宮澤会長に寄り添い、星槎と共にあった、大磯キャンパスのマスコット犬『ロロ』が、昨日7月4日午前10時20分、永眠いたしました。享年18歳(人間でいうと90歳。ただ、ここ数年の体の状態から考えると120歳に相当するというドクターのお話しも)。星槎の「人事部長」や「敵味方識別装置(伊藤顧問命名)」などの愛着ある呼び名や、優しくしてくれたり、相手にしてくれなかったり、ある時は吠えられたりと、皆さまざまな思い出があります。ご冥福をお祈りいたします。

 

祝!創作和太鼓集団『打鼓音』世界一獲得!大太鼓・組太鼓 ダブル優勝

dakoon_image20190701.jpg

 全国の打ち手が技と力を競い合う「第20回世界和太鼓打ち比べコンテスト」が30日(日)、岡谷市カノラホール(長野)で開かれ、星槎が誇る創作和太鼓集団『打鼓音』が、大太鼓・組太鼓が共に優勝という快挙を成し遂げました。


▼ 競技種目と成績は以下の通りです。

---
● 競技種類
・「大太鼓一人打ち」部門 ジュニア・一般
「組太鼓」部門 ジュニア・一般
● 結果発表
「大太鼓一人打ち」部門 一般
  ★優勝 江下 光利(22歳)打鼓音 曲名「金剛仁王」
「大太鼓一人打ち」部門 ジュニア
  2位 吉冨光晟(15歳・中学3年生)打鼓音ジュニア
  3位 奥野海斗(15歳・中学3年生)打鼓音ジュニア
「組太鼓」部門 一般
  ★優勝 打鼓音(13名) 曲名「祭典」
「特別賞」一般投票最多得票
  ★特別賞 打鼓音ジュニア
---


<打鼓音主宰、渡邉晃伸先生(星槎高等学校)より>
「私自身、今回の打鼓音の演奏では舞台袖に立ちながら、瞬きするのも忘れるほど魅了され、このメンバーたちは本当にすごいと感動させられました。また会場内の歓声の大きさにも驚き、打鼓音を応援してくださる方々がたくさんいることを実感しました。本当に支えて頂いていることに感謝の気持ちを持つことと、欲で勝てるものではないことを改めて実感しています。このような仕事をさせて頂ける環境に心から感謝申し上げます。今後も和太鼓部響から始まったこの太鼓を通じた教育実践を忘れず、精進して参りたいと思います。

打鼓音ホームページ

 

星槎国際高等学校湘南「体操競技部」、「バレーボール部」 星槎国際高等学校川口「フェンシング部」 全国高等学校総合体育大会出場に伴う寄付金募集のお願い

拝啓 時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。平素は星槎国際高等学校 湘南学習センター、川口学習センターの活動にご理解ご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、本年4月総部の体操競技部、フェンシング部の生徒2名、創部6年目のバレーボール部が、見事予選を勝ち抜き、インターハイ出場が決定いたしました。
全国大会は体操競技部が令和元年7月30日に開会式、7月31日より鹿児島県にて、フェンシング競技は令和元年7月26日に開会式、7月27日より鹿児島県にて、バレーボール部が令和元年7月24日に開会式、7月25日より宮崎県で競技が行われます。選手・スタッフ一丸となり、星槎の理念を表現しつつ全国優勝を目標に戦っていく所存です。
つきましては、誠に恐縮ではございますが、下記の「星槎国際湘南体操競技部 全国高等学校総合体育大会出場に伴う寄付金募集要項」をご確認いただき、是非皆様の応援を賜りたいと考えております。
任意ではございますが、是非ご理解のうえ、お力添えをくださいますようお願い申し上げます。

 

令和元年度全国高等学校総合体育大会体操競技
〜感動は無限大南部九州総体 2019〜

主 催:公益財団法人全国高等学校体育連盟、公益財団法人日本体操協会、鹿児島県教育委員会、鹿児島市教育委員会
共 催読売新聞社
後 援スポーツ庁、公益財団法人日本スポーツ協会、日本放送協会、公益財団法人鹿児島県体育協会、鹿児島市体育協会
主 管公益財団法人全国高等学校体育連盟体操専門部、鹿児島県高等学校体育連盟、鹿児島県体操協会
開催日令和元年7月31日(水)〜8月2日(金)

 

令和元年度全国高等学校総合体育大会フェンシング
〜感動は無限大南部九州総体 2019〜

主 催:公益財団法人全国高等学校体育連盟、公益社団法人日本フェンシング協会、鹿児島県教育委員会、霧島市教育委員会
共 催読売新聞社
後 援スポーツ庁、公益財団法人日本スポーツ協会、日本放送協会、公益財団法人鹿児島県体育協会、霧島市スポーツ協会
主 管公益財団法人全国高等学校体育連盟フェンシング専門部、鹿児島県高等学校体育連盟、鹿児島県フェンシング協会
開催日令和元年7月26日(金)〜7月30日(火)

 

令和元年度全国高等学校総合体育大会女子バレーボール
〜感動は無限大南部九州総体 2019〜

主 催:公益財団法人全国高等学校体育連盟、公益財団法人日本バレーボール協会、宮崎県教育委員会、都城市教育委員会、小林市教育委員会
共 催読売新聞社
後 援スポーツ庁、公益財団法人日本スポーツ協会、日本放送協会、公益財団法人宮崎県体育協会、一般財団法人都城市体育協会、小林市体育協会
主 管公益財団法人全国高等学校体育連盟バレーボール専門部、宮崎県高等学校体育連盟、宮崎県バレーボール協会
開催日令和元年7月24日(水)〜7月28日(日)

 


寄付金募集要項

1.募集期間 令和元年6月24日〜8月14日
2.寄付金 1口 5,000円(口数に制限はございません。) 
3.お申込方法
別添のお申込書にご記入の上、寄付金納入部活動を選択し、EメールまたはFAXを お願いいたします。
■ 現金の場合
星槎国際高等学校 湘南学習センター(大磯CP内)工藤宛にご持参ください。

■ お振込の場合
ゆうちょ銀行 〇二九 当座 0103025
学校法人 国際学園 星槎国際高等学校
ガク)コクサイガクエン セイサコクサイコウトウガッコウ
記号・番号 00290-7-103025

■ ホームページからのご寄付の場合
http://www.seisagroup.jp/donation
星槎国際高等学校のホームページからも、クレジットカード決済を利用して直接ご寄 付をいただくことができます。

以上、いずれかの方法でお願いいたします。

4.使途目的
・ 全国大会出場のための活動費
・ 選手、指導員の滞在期間の宿泊費
・ その他諸経費
※ 万が一寄付金の余剰金が発生した場合には、部活動強化のため、施設設備の充実や備品の購入等に充当させていただきます。

5.お問い合わせ先
星槎国際高等学校 湘南学習センター
〒259-0111 神奈川県中郡大磯町国府本郷1805-2
TEL 0463-71-6049 FAX 0463-26-6661
shonan@seisa.ed.jp

 

今回のご寄付は、特定公益増進法人に対する寄付金として「寄付金控除」の対象となり、「税額控除」また は「所得控除」のいずれかの制度を選択できます。 確定申告に必要な「領収書」「特定公益増進法人証明書(写)」「税額控除に係る証明書(写)」を試合結果のご 報告とともに同封させていただきますので、お手数ですが別添の申込書の送付を必ずお願いいたします。

 

詳しいご案内・お申込書はこちら

 

立場を超えて、SEISAしよう!414名の生徒、卒業生、保護者が集う「四会総会」開催!

z20190625_7.jpg

令和元(2019)年6月22日(土)、総人数414名がインターネットをつなぎながら33校舎、22会場に一堂に会し、星槎の全国生徒会、全国同窓会「星友会」、全国保護者会「星親会」、全国卒業生親の会「星睦会」の「四会合同総会」が開催されました。

z20190625_1.jpg
z20190625_2.jpg

星槎では、 全国の校舎それぞれに生徒会、保護者会、卒業生親の会、同窓会があり、それらを束ねる全国組織として「全国生徒会」「全国保護者会『星親会』」「全国卒業⽣親の会『星睦会』」「全国同窓会『星友会』」があります。

z20190625_3.jpg
z20190625_4.jpg

年に一度のこの「総会」は、生徒の代表である生徒会と、星槎の学び舎づくりを後ろから強力にバックアップする3つの後援会が、一年間の決算報告や活動報告、そして活動計画や予算計画を議事として挙げ、会員で確認し、これからのあり方、活動の方向性についてともに考える場面です。
生徒会の子どもたちは、自分たちの学びや環境を、後ろから支えられているという、支え合いの学びを経験する、リアルな社会の学びとなり、それぞれ吸収していました。

z20190625_5.jpg
z20190625_6.jpg

星槎は、立場を超えて創る、関わり合いの場所です。そこには多くの学びがあります。この組織の持つ力を全国大会、インターハイの応援、そしていよいよ来年に迫っている2020東京オリンピック・パラリンピックの支援に向けて、立場を超えて支え合い、応援し合うエネルギーにつなげていきたいと考えております。

z20190625_7.jpg

 今年度の星槎グループのテーマは「SEISAしよう!」です。子ども、保護者、教職員、立場関係なく、SEISAという場所、言葉を通じて、笑顔が増え、連鎖していくような場面作りを、これからも大切にしてまいります。

 

星槎全国会ホームページ 

 

 

 

ページ移動

ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed