エントリー

カテゴリー「星槎からのお知らせ」の検索結果は以下のとおりです。

【第4弾】星槎が表現する高大・中大連携、アクティブラーニングのかたち

sted4.jpg

昨年の11月12日、13日に開催されたSEISA Africa・Asia Bridge 2016にて、全国の星槎の中高校生、近隣の高校生が一堂に会し、アフリカやアジアとのつながりや国連のSDGS(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)をテーマに、10年先、20年先、50年先の未来ついて考え、行動するsTED(Seisa Transnational Education Design:通称ステッド)から、生徒たちの熱いプレゼンテーションをご覧ください。

 

● 星槎学園 湘南校 岩崎 雅史 / 大貫 優宏

 

● 星槎国際高等学校 帯広キャンパス 遠藤 真南

 

● 星槎中学校 鈴木 祥真

 

 

 

3月11日(土)「被災地東北と繋がる」 開催のお知らせ

東日本大震災から6年。今、私たちは未来に向かって

何をしなければならないのか、何ができるのか。

 

震災後から様々な立場で復興に携わっている方々から、

被災された経験や当時の様子、 ボランティア活動を通じて感じた

ことなどを伺い、あらためて考える機会として、本企画を実施致します。

 

お申し込みはこちらから

20170311_1.jpg

20170311_2.jpg

 

<星槎と東北との繋がり>

星槎グループでは震災直後から、被災地の声を聞き、

必要な物資の支援や寄付を行ってきました。その後現在まで、

復興に向けての支援として、福島県相馬市に拠点を設け、

地域の皆さん、特にこどもたちの心のケアに 繋がる健康診断や

カウンセリング、放射線の線量計測の機器の設置のボランティア

活動、被災地の学校の先生 方を対象とした教員免許状更新講習の

開講など、様々な形の支援を継続しています。

 

【第3弾】星槎が表現する高大・中大連携、アクティブラーニングのかたち

sted3.jpg

昨年の11月12日、13日に開催されたSEISA Africa・Asia Bridge 2016にて、全国の星槎の中高校生、近隣の高校生が一堂に会し、アフリカやアジアとのつながりや国連のSDGS(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)をテーマに、10年先、20年先、50年先の未来ついて考え、行動するsTED(Seisa Transnational Education Design:通称ステッド)から、生徒たちの熱いプレゼンテーションをご覧ください。

 

● 星槎国際高等学校 浜松学習センター 松本 紘輝

 

● 星槎国際高等学校 広島学習センター 落合 哲己

 

● 星槎高等学校 相馬 啓吾

 

 

第7回 星槎全国保護者研修交流会 開催のお知らせ

seisa_event_hogoshakai20170325_2.jpg

〜星と星をつなぎ、人と人がつながる〜

在校生親の会「星親会」・卒業生親の会「星睦会」共催により

第7回 星槎全国保護者研修交流会 を下記日程にて開催いたします。

 

開催日:2017年3月25日 土曜日

時 間:10:45〜15:00

メイン会場:星槎国際高等学校 福岡中央学習センター

関東会場:星槎国際高等学校 八王子学習センター(星槎高尾キャンパス内)

他会場:全国の学習センター・キャンパス(詳しくはこちらのご案内をご覧ください

※ その他全国の校舎を、TV会議システムでつなぎます。

 

【第1部】 10:45〜13:00

・学校法人国際学園 井上 一 理事長 挨拶

・星親会会長 山下 朋恵さん 挨拶(福井学習センター)

・星睦会会長 猪股 明美さん 挨拶(立川学習センター )

・星槎グループ活動報告 ・親の会活動報告 ・保護者体験談

特別講話 ゲスト講師:谷口 浩美 氏

〜転んでも踏まれても立ち上がれ!〜

 

【第2部】13:20〜15:00

・(会場毎)懇親会

 

 

● 総合お問い合わせ

星槎国際高等学校 福岡中央学習センター

TEL 092-534-6705

Eメール:fukuoka2@seisa.ed.jp(担当:浦部)

 

詳しいご案内はこちら(PDF)

 

 

2017年度 教員免許更新講習受付スタートしています

星槎大学の教員免許更新講習、受付スタート

 

通信と対面を組み合わせ、忙しい先生方のニーズに合わせた学びを

提供する、星槎大学の教員免許更新講習の次年度受付が

スタートしております。

日本の先生を応援したい、という思いで実施をしております。

ぜひともご覧ください。

 

最新の開催日程はこちら

http://kyoumen.seisa.ac.jp/open/

 

koushin.png

【第2弾】星槎が表現する高大・中大連携、アクティブラーニングのかたち

昨年の11月12日、13日に開催されたSEISA Africa・Asia Bridge 2016にて、全国の星槎の中高校生、近隣の高校生が一堂に会し、アフリカやアジアとのつながりや国連のSDGS(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)をテーマに、10年先、20年先、50年先の未来ついて考え、行動するsTED(Seisa Transnational Education Design:通称ステッド)から、生徒たちの熱いプレゼンテーションをご覧ください。

 

● 星槎国際高等学校 名古屋学習センター 加藤 充貴

 

● 星槎高等学校 野尻 大地

 

● 星槎国際高等学校 沖縄学習センター 奥平 紗菜

 

 

世界自閉症啓発デーin横浜にて、本学の阿部利彦准教授が講演

本学の阿部利彦准教授が、世界自閉症啓発デー in 横浜

(主催:横浜市健康福祉局)にて基調講演を行います。

(事前申し込み不要、入場無料)

 

【日時】2017年3月25日(土) 13:00~16:30

【会場】関内ホール 大ホール

    車いす席あり 手話・筆記通訳あり

【基調講演】発達障害のある子の「いいところ」応援計画

      講演者 星槎大学・大学院 准教授 阿部利彦

sekaijiheisyouday.jpg

sekaijiheisyouday2.jpg

星槎スポーツ新聞 第7号(20170213)

お待たせしました!星槎が表現する高大・中大連携、アクティブラーニングのかたち

sted_thumbnail.jpg

sTED (Seisa Transnational Education Design)

 

昨年の1112日、13日に開催されたSEISA AfricaAsia Bridge 2016では、13か国の大使館、30の国々から約5800名が集い、盛大に開催されました。

その中で、全国の星槎の中高校生、近隣の高校生が一堂に会し、アフリカやアジアとのつながりや国連のSDGSSustainable Development Goals:持続可能な開発目標)をテーマに、10年先、20年先、50年先の未来ついて考え、行動するsTED (Seisa Transnational Education Design:通称ステッド)が行われました。

事前より全国の仲間がチームを結成し、資料、台本、演出等と各々の役割を担い、準備いたしました。また、白熱教室さながらの星槎大学教授の事前指導などもあり、星槎が表現する高大、中大連携の形、星槎が考えるアクティブラーニングを示せたものと思います。

今回、参加した17の団体を順にご紹介させていただきますので、生徒たちの熱いプレゼンテーションをご覧ください。

 尚、この企画は今後も継続してまいります。次の世代を担う全国の若者たちの参加を期待しています。

 

 

● 星槎国際高等学校八王子学習センター 北野 哲朗

 

● 星槎学園北斗校 山下 悠河

 

● 星槎中学校 中城 禄磨

 

 

 

 

小田原市公開シンポジウムに副学長が登壇

小田原市公開シンポジウム(主催 小田原市)にて、

本学副学長 鬼頭秀一が登壇いたします。

「自然の力×地域デザイン」寄せ合い、なりわい、つな気あい

をテーマに行われるシンポジウムです。

自然資源ビジネスや、地域デザインの担い手育成にご興味を

お持ちの皆さまは、是非ともお運びください。

 

【日時】2月18日(土)13:30~17:30

【会場】お堀端コンベンションホール

    小田原駅東口徒歩5分

 詳しくはこちら

170218_odawara.jpg

170218_odawara-2.jpg

ページ移動

ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed