エントリー

カテゴリー「星槎大学からのお知らせ」の検索結果は以下のとおりです。

野村克也氏講演「凡人の強み」盛況の中終了、こどもからおとなまで1200人が生き方を学ぶ!

seisa_news20181119_2.jpg

11月20日、星槎グループ主催のもと、野村克也氏(元プロ野球選手、監督、現解説者)を大磯プリンスホテルにお招きし、「凡人の強み」と題した講演を開催。地域の皆さんと星槎の生徒ら、そして全国31会場をテレビ会議でつなぎ、約1200人が野村氏の生き方を通して、ともに学ぶ時間を過ごしました。


極めて貧困の中にあった生い立ち、そこから這い上がるための希望であり手段となったプロ野球の世界、さらにはサッチーこと奥様、沙知代さんへの想いなどが語られ、会場には涙ぐむ人も見られました。退場時には会場全体をまわり、挨拶を交わし、万雷の拍手の中での締めとなりました。また、会場ロビーには生い立ちから現在までのさまざまな写真やユニフォームなども展示され、たくさんの人が足を止めて見入っていました。「学校という枠を超えて、地域に学び、地域と共に学ぶ」ことをテーマに、星槎グループでは今後もさまざまな学びの機会を創出していきます。

seisa_news20181119_1.jpg

seisa_news20181119_3.jpg

第 7 回アフリカ開発会議(TICAD7)横浜開催 「アフリカ開発学生会議 in 横浜」始動~TICAD7へ学生から政策提言を~参加学生募集!!

大空に向かい、一人ひとりの希望をのせて

seisa_news20181112.jpg

こどもからおとなまで、SEISAに関わる7,000人以上が参加してのSEISA最大の学びの祭典、第4回SAAB(SEISA Africa Asia Bridge)が、11/10-11(土日)の二日間にかけて行われ、大きな感動の中で無事に終了しました。
未来、世界と日本、そして地域に目を向けたこのイベントは、学校を超えた日本を代表する取り組みのひとつです!
これからの期待が込められた来場者の言葉を胸に、私たちは前に進んで行きたいと思います。

 

ありがとうございました!
そして、おつかれさまでした!

 

第4回 SAAB2018実行委員会

『SEISA Africa・Asia Bridge 2018』開催!

seisa_poster_saab.jpg

 

この度、公益財団法人世界こども財団ならびに学校法人国際学園、一般社団法人星槎グループでは、アジア、アフリカ、太平洋の島国を知り、お互いを認め合い、そして、つながる“架け橋”となることを目的とした国際交流イベント「SEISA Africa・Asia Bridge 2018」を開催いたします。

三年目を迎えた昨年はアフリカ・アジア・太平洋地域も含め、大使館関係24カ国、その他10カ国、日本を含めて35カ国が参加し、7,247人もの来場者を迎えた、盛大なフェスティバルとなりました。

今年度のテーマも「知繋(ちけい)」。知ること、繋がること、仲間になることを表現する言葉です。


【開催日時】
11/10(土) 10:00~15:00
11/11(日) 10:00~16:00

【会場】
星槎中学高等学校(横浜市旭区)

※ JR横浜線 「十日市場駅」より市営バス23系統にてお越しください。


当日は、アフリカ・アジアの大使館の方々、音楽やダンスのアーティストによる本物を知る機会とともに、オリンピック2020を目指す若手アスリートやオリンピアン・パラリンピアンをお招きしたトークショー、また、全国の中高生によるプレゼンテーションや劇、ゲームやスポーツを通した交流コーナーなど子どもから大人までが楽しめる企画が盛りだくさんです。
また、星槎大学では、常設ブースにおいて各種講座と個別相談を受け付けております。
ご家族、ご友人お誘いあわせのたくさんの方々のご来場をお待ちしております。無料でどなたでもご来場いただけますので、ぜひ足をおはこびください。

 

button_saab_join.png

PDFがうまく開けない方はこちら

 

● 最新情報はfacebookページから

ブータン実習 STAR プログラム 申し込み まだ間に合います!

---------

※ STAR(Study of Trust Achievement-Respect)Program とは…

星槎大学の姉妹校であるロイヤルティンプーカレッジ(RTC)の学生と文化・学術交流をしつつ、ブータンの教育や伝統医療、福祉がいかに行われているかを学ぶプログラムです

---------

本年度は、2019年3月24日(日)~29日(金)の日程でブータンに行きます。

(プログラム内容については添付資料をご確認ください。)

星槎大学生に限らず、高校生以上でしたらどなたでも参加が可能です。

ご興味のある方は、添付資料をご覧いただき、申込用紙にてお申し込みくださいますようお願いいたします。

 

お問い合わせは、星槎大学横浜事務局 国際交流センター(担当:相澤・小澤)までお願いいたします。

平成30年北海道胆振東部地震において被害にあわれた皆さまへ

平成30年北海道胆振東部地震において被害にあわれた皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

まだ、予断を許さない状況であり、今後の余震や雨などによる二次災害にもご注意ください。報道では、少しずつ復旧が進んでいる様子でございます。私どもも協力してまいりますが、平常が戻るまで、ひきつづき身の安全を優先し、お努めください。

尚、星槎の各校舎に在籍する学生、生徒等で、被害にあわれた皆さま、あるいはあらたに新入学や転入学等の対応が進んでいる最中で被害にあわれた皆さまには、学習面や個別相談等、別途対応させていただきます。最寄り校舎までお問い合わせください。つながりにくい場合は、下記フリーダイヤルまでお問い合わせください。

 

<総合お問い合わせ>

0120-723-400

 

星槎グループ(学校法人国際学園)

STAR(Study of Trust Achievement-Respect)Program のお知らせ

---------

※ STAR(Study of Trust Achievement-Respect)Program とは…

星槎大学の姉妹校であるロイヤルティンプーカレッジ(RTC)の学生と文化・学術交流をしつつ、ブータンの教育や伝統医療、福祉がいかに行われているかを学ぶプログラムです

---------

本年度は、2019年3月24日(日)~29日(金)の日程でブータンに行きます。

(プログラム内容については添付資料をご確認ください。)

星槎大学生に限らず、高校生以上でしたらどなたでも参加が可能です。

ご興味のある方は、添付資料をご覧いただき、申込用紙にてお申し込みくださいますようお願いいたします。

 

お問い合わせは、星槎大学横浜事務局 国際交流センター(担当:相澤・小澤)までお願いいたします。

西日本を中心とする豪雨災害にあわれた皆様へ

この度の西日本を中心とした豪雨災害の犠牲となられた皆様に、お悔やみ申し上げますとともに、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

尚、被災地域の学生、生徒の皆様には、学習面等におきましても対応させていただきます。最寄り校舎までお問い合わせください。

 

星槎グループ(学校法人国際学園)

日本共生科学会 第10回横浜関内大会

2018年6月9日(土)10日(日)の両日
日本共生科学会 第10回横浜関内大会 が開催されます。
多くの方のご参加をお待ちしております。
当日のプログラムなど、詳しくはこちらをご覧ください。

SDGs 学生フォトコンテスト 作品募集開始!

コンテストの概要

【募集期間】
 2018年5月10日(木) ~ 8月20日 (月)  
 結果発表は、国連の創設記念日である国連デー(10月24日)前後となる予定です。

【応募資格】
 大学生・短大生・大学院生・専門学校生、および高校生が対象 (日本で学ぶ外国籍を持つ方も可)
  ・応募は日本国内で撮影した写真に限ります。
  ・写真の応募は、1人最大3枚までとします。

【賞の種類】 (応募内容や数により変更になる場合があります)
  ・ 大賞(外務大臣賞) 1点
  ・ 優秀賞 3点
  ・ 入賞 若干名 

【審査員】
  ・ レスリー・キー(審査委員長) 写真家
  ・ 大野 明  朝日新聞東京本社 映像報道部長
  ・ 水島 宏明  上智大学 文学部新聞学科教授
  ・ 根本 かおる 国連広報センター所長     

【主催】
 国連広報センター、上智大学

【特別協力】
 ゲッティイメージズジャパン、株式会社ニコン、株式会社ニコンイメージングジャパン 

【後援】
 外務省、グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン
 独立行政法人 国際協力機構(JICA)、一般社団法人SDGs市民社会ネットワーク

【協力】
 株式会社シグマ、吉本興業株式会社

【メディアパートナー】
 朝日新聞社

【賞金・賞品】
 主催、特別協力および協力企業より贈呈(内容はコンテストサイトにて発表予定)  
 賞金・賞品の受け取り(配送先)は、日本国内に限ります。

 

詳しくはこちらをご覧ください。


問い合わせ先:国連広報センター 03-5467-4451

ページ移動

ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed