エントリー

カテゴリー「星槎グループ」の検索結果は以下のとおりです。

【速報】星槎国際湘南女子サッカー部 第27回全日本高等学校女子サッカー選手権大会決勝進出!!日本一王手!!

seisa_osa_content_campuslife_w_mainimage.jpg

星槎国際湘南女子サッカー部は関東代表校として、第27回全日本高等学校女子サッカー選手権大会に出場し、5回目の挑戦で初の決勝戦進出を決めました。

決勝戦は1月13日(日)に神戸ユニバー記念競技場にて東北代表校、常盤木学園高校と対戦します。決勝戦では全国の星槎の仲間が応援しています。一体となって新たな歴史を作りましょう。


頑張れ、星槎国際湘南女子サッカー部!!

 

★ 第27回全日本高等学校女子サッカー選手権大会決勝 TBS系列 地上波生放送
放送日:1月13日(日) 14:10 キックオフ

→ ネット配信:https://www.tbs.co.jp/joshisoccer/

 

★ 選手名簿を添付いたします。
テレビでご覧いただく時の資料として一緒にご覧いただき、更にお楽しみください!

選手名簿はこちら(PDF)

星槎国際高等学校湘南 女子サッカー部 第27回全日本高等学校女子サッカー選手権大会出場に伴う寄付金のお願い

sz_image_fb_w_kifu2.jpg

sz_image_fb_w_kifu.jpg

平素は星槎国際湘南の活動にご理解ご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、女子サッカー部につきましては、現在行われております、「第27回関東高等学校女子サッカー選手権大会」において、現在(1月7日時点)、学校史上初の全国大会決勝進出というところまで勝ち進んでおります。

つきましては、誠に恐縮ではございますが、下記「寄付金募集要項」をご確認いただき、生徒たちの活躍に対し、ぜひ皆さまの応援を賜りたいと考えております。

任意ではございますが、是非ご理解のうえ、お力添えをくださいますようお願い申し上げます。

尚、決勝戦は1月13日(日)14時から予定されており、決勝戦会場に約500人、全国各校舎のモニター応援者を合わせて約1,000人の応援を予定しております。


*インターネットでの生配信 https://www.tbs.co.jp/joshisoccer/
*最新の試合結果と予定 http://www.seisa.ed.jp/shonan/game/game_fb_w.html

 


寄付金募集要項

1.寄付金:1口 5,000円 (口数に制限はございません)
2.お申込方法 メールをいただくか、下記の申込書に記入いただきFAXをお願いいたします。
星槎国際高等学校 湘南学習センター 渡邊宛にご持参ください。

<お振込口座>
ゆうちょ銀行 〇二九 当座 0103025
学校法人 国際学園 星槎国際高等学校
ガク)コクサイガクエン セイサコクサイコウトウガッコウ
記号・番号 00290-7-103025

3.使途目的
・全国大会出場のための活動費補助 ・選手、指導員の交通費及び滞在期間の宿泊費補助
※ その他諸経費
万が一寄付金の余剰金が発生した場合には、部活動強化のため、施設設備の充実や備品の購入等に充当させていただきます。

4.お問い合わせ先
星槎国際高等学校 湘南学習センター
〒259-0111 神奈川県中郡大磯町国府本郷1805-2
TEL 0463-71-6049 FAX 0463-26-6661
メール shonan@seisa.ed.jp

今回のご寄付は、特定公益増進法人に対する寄付金として「寄付金控除」の対象となり、「税額控除」また は「所得控除」のいずれかの制度を選択できます。 確定申告に必要な「領収書」「特定公益増進法人証明書(写)」「税額控除に係る証明書(写)」を試合結果のご 報告とともに同封させていただきますので、お手数ですが別添の申込書の送付を必ずお願いいたします。

● 詳しいご案内・FAXお申込はこちら(PDF)

 

平成31年1月7日(月)現在
第27回全日本高等学校女子サッカー選手権大会戦績
初 戦(1/3) vs 大商学園高校(昨年度優勝校) 4-1で勝利
二回戦(1/4) vs 筑陽学園高校 4-0で勝利 ★学校史上初のベスト8進出
準々決勝(1/6) vs 花咲徳栄高等学校 2-1で勝利 ★学校史上初のベスト4進出
準決勝(1/7) vs 東海大学付属福岡高校 4-0で勝利 ★学校史上初の決勝進出

 

平成29年度 主な戦績
◆ 全国高等学校総合体育大会(インターハイ)神奈川県予選 優勝
◆ 関東高校女子サッカー大会(インターハイ)関東予選 優勝
◆ 全国高等学校総合体育大会(インターハイ)本大会 第3位
◆ 全日本高等学校女子サッカー選手権大会 神奈川県予選 優勝 関東大会出場決定
◆ 全日本高等学校女子サッカー選手権大会 関東予選 第2位 全国大会出場決定

平成30年度 主な戦績
◆ 全国高等学校総合体育大会(インターハイ)神奈川県予選 優勝
◆ 関東高校女子サッカー大会(インターハイ)関東予選 準優勝 全国大会出場決定
◆ 全日本高等学校女子サッカー選手権大会 神奈川県予選 優勝 関東大会出場決定
◆ 全日本高等学校女子サッカー選手権大会 関東予選 第3位 全国大会出場決定

 

八王子学生演劇祭2018が開催されました。

seisa_news20181226_1.jpg

八王子市学園都市文化ふれあい財団主催で、12/21(金)~12/23(日)の4日間に渡って行われた、八王子学生演劇祭2018。 今年度より発足した、星槎国際八王子演劇部「New Star Treasure!」の旗揚げ公演となりました。

< New Star Treasure! の由来>
新制作座の「新」+星槎の「星」、関わり合いながら自分たちの「大切なもの」を探していこうという願いを込めて。

当日のプログラムはこちら

 

seisa_news20181226_1.jpg

seisa_news20181226_3.jpg

seisa_news20181226_2.jpg

 

 

2018年 第1・2回 ラジオCM&番組選手権 受賞作品

seisa_radiopr_image1.png

平成30年度よりスタートしました【メディア研究ゼミ】および【メディア専攻】の授業では、全国の星槎の高校生たちが、メディアの役割・必要性・制作技術を学んでいます。FM湘南マジックウェイブと連携し、第1回CM制作選手権・第2回番組制作選手権を開催いたしました。高校生ならではの視点で、星槎の学校生活・地域の情報を発信しています。
40作品の応募のうち、それぞれ受賞した作品をご紹介いたします。

 

seisa_banner_radio201807.png

seisa_banner_radio201811.png

 

 

 

SEISA陸上アドバイザー末續慎吾 主宰 第2回「走ることを知る教室」2018.12.6開催

seisa_news20181206.jpg

日本陸上競技界の短距離歴史上、最高の実績を残している星槎国際湘南陸上部アドバイザーの末續慎吾選手主宰による「走ることを知る教室」が、トップアスリートの意識や姿勢を学ぶこと、走るとは、スポーツとはなにかを学び、各専門種目に生かすきっかけとすること、そして何よりも走ること、スポーツの楽しさを学ぶことなどを趣旨として、7月に引き続き12月6日(木)、星槎国際湘南の校舎内で第2回目が開かれた。オリンピック出場や国内、県内上位を目指す星槎国際湘南、星槎国際川口のスポーツ専攻の生徒を対象として52名の生徒が参加。当初は外で走り方を指導していただく予定だったが、雨天のため講演という形で開催した。
末續選手からは、走ることはどういうことなのか、スポーツをすることはどういった意義なのか、今までの経験を通して伝えてもらい、末續選手が生徒に問いかけ、会話しながら参加型の講演から多くを学んだ。生徒は終始メモを取るなど目を輝かす場面が多く見られ、後半には20分ほど質問の時間があり、生徒からは多くの手が上がるなど積極的な姿が印象的だった。
末續選手は講演で、「物事、スポーツは思い通りにならないことが前提である。まずそこを知ることが大切。指導者や先生から待つような受け身で言われたことをやるだけではいけない、伸びることもなくなる。何でも自分から動き、知ること、会話することが大切である。」と強いメッセージを頂いた。また生徒からの、今まで続けて結果が残せた理由は?という質問には、「負けたくなかった。勝ちたいというより負けたくなかった。」と負けず嫌いが結果を残せた秘訣と伝えていた。
参加した生徒からは、「会話すること、知ることの大切さを学べた。」、「コツやバネのことについて知れた。」、「スポーツとどう向き合うか、指導者とのコミュニケーションなどいろいろなことを知れた。」、「今自分はやるべきことについて知れたのでとても満足した。」などの感想があがった。また、もっと学びたいだけでなく、走りが観れなかったこと、一緒に走れなかったことに対して残念な声も上がったほど盛況であった。
(星槎国際湘南陸上部コーチ 門馬 健大)

2018年サイパン台風被害への義援金募集活動にご協力ください!

seisa_news20181205.jpg

2018年10月24日に北マリアナ諸島を直撃した台風26号により、サイパンでは建物の損壊や停電等、甚大な被害が出ております。
星槎の姉妹校であるサイパン・マリアナハイスクール(MHS)の校舎にも大きな被害が出ているとの報告が届いております。 30年来の仲間の困難な状況に対して、星槎グループ全体で義捐金を通した支援活動を行いたいと思います。

 

● 詳しくは世界こども財団(FGC)のホームページをご覧ください。
http://www.fgc.or.jp/blog/archives/4401

義援金募金に関するご案内はこちら(PDF)

野村克也氏講演「凡人の強み」盛況の中終了、こどもからおとなまで1200人が生き方を学ぶ!

seisa_news20181119_2.jpg

11月20日、星槎グループ主催のもと、野村克也氏(元プロ野球選手、監督、現解説者)を大磯プリンスホテルにお招きし、「凡人の強み」と題した講演を開催。地域の皆さんと星槎の生徒ら、そして全国31会場をテレビ会議でつなぎ、約1200人が野村氏の生き方を通して、ともに学ぶ時間を過ごしました。


極めて貧困の中にあった生い立ち、そこから這い上がるための希望であり手段となったプロ野球の世界、さらにはサッチーこと奥様、沙知代さんへの想いなどが語られ、会場には涙ぐむ人も見られました。退場時には会場全体をまわり、挨拶を交わし、万雷の拍手の中での締めとなりました。また、会場ロビーには生い立ちから現在までのさまざまな写真やユニフォームなども展示され、たくさんの人が足を止めて見入っていました。「学校という枠を超えて、地域に学び、地域と共に学ぶ」ことをテーマに、星槎グループでは今後もさまざまな学びの機会を創出していきます。

seisa_news20181119_1.jpg

seisa_news20181119_3.jpg

大空に向かい、一人ひとりの希望をのせて

seisa_news20181112.jpg

こどもからおとなまで、SEISAに関わる7,000人以上が参加してのSEISA最大の学びの祭典、第4回SAAB(SEISA Africa Asia Bridge)が、11/10-11(土日)の二日間にかけて行われ、大きな感動の中で無事に終了しました。
未来、世界と日本、そして地域に目を向けたこのイベントは、学校を超えた日本を代表する取り組みのひとつです!
これからの期待が込められた来場者の言葉を胸に、私たちは前に進んで行きたいと思います。

 

ありがとうございました!
そして、おつかれさまでした!

 

第4回 SAAB2018実行委員会

『SEISA Africa・Asia Bridge 2018』開催!

seisa_poster_saab.jpg

 

この度、公益財団法人世界こども財団ならびに学校法人国際学園、一般社団法人星槎グループでは、アジア、アフリカ、太平洋の島国を知り、お互いを認め合い、そして、つながる“架け橋”となることを目的とした国際交流イベント「SEISA Africa・Asia Bridge 2018」を開催いたします。

三年目を迎えた昨年はアフリカ・アジア・太平洋地域も含め、大使館関係24カ国、その他10カ国、日本を含めて35カ国が参加し、7,247人もの来場者を迎えた、盛大なフェスティバルとなりました。

今年度のテーマも「知繋(ちけい)」。知ること、繋がること、仲間になることを表現する言葉です。


【開催日時】
11/10(土) 10:00~15:00
11/11(日) 10:00~16:00

【会場】
星槎中学高等学校(横浜市旭区)

※ JR横浜線 「十日市場駅」より市営バス23系統にてお越しください。


当日は、アフリカ・アジアの大使館の方々、音楽やダンスのアーティストによる本物を知る機会とともに、オリンピック2020を目指す若手アスリートやオリンピアン・パラリンピアンをお招きしたトークショー、また、全国の中高生によるプレゼンテーションや劇、ゲームやスポーツを通した交流コーナーなど子どもから大人までが楽しめる企画が盛りだくさんです。
また、星槎大学では、常設ブースにおいて各種講座と個別相談を受け付けております。
ご家族、ご友人お誘いあわせのたくさんの方々のご来場をお待ちしております。無料でどなたでもご来場いただけますので、ぜひ足をおはこびください。

 

button_saab_join.png

PDFがうまく開けない方はこちら

 

● 最新情報はfacebookページから

留学生 デジェン 区間新記録で38人抜き! ~星槎国際湘南陸上部 高校駅伝初出場で20位と健闘~

seisa_news20181106.jpg

創部3年目で、第71回神奈川県高校駅伝競走大会に初出場をすることが出来ました。
71回と伝統ある駅伝大会に参加出来ることに感謝したい。そして、ここまで来られたのも宮澤会長をはじめ、星槎グループ、関係者の皆様のご理解とご協力があっての事だと深く感謝しています。選手達は、チーム目標通りの走りをしてくれました。駅伝は一人の力ではなく7人が一つの襷を繋ぐことで、見えない力が働き互いに補うことができるスポーツです。今回もスタートは、遅れはしましたが、みんなで遅れを挽回し、目標の20位以内を達成してくれました。1、2年生のチームなので、来年は更に上位を目指して頑張りたいです。
※出場資格は、エントリーの上位5人の5000m平均タイム17分15秒以内で、平成29年度と平成30年度9月30日(日)までの記録とする。


● スタート 男子12:30

場所山北町丹沢湖周回コース(42.195㎞)
● 1区 10㎞ 力石隆太郎(1年)
35分42秒(区間54位) ※参考:区間記録30分35秒
総合54位
● 2区 3㎞ 𠮷村快(1年)
  9分30秒(区間26位) ※参考:区間記録8分16秒
通過順位総合54位→総合53位
● 3区 8.1075㎞ デジェン(2年)
24分33秒(区間1位) ※参考:区間記録25分06秒
通過順位総合53位→総合15位 
※区間賞・区間新記録 ☆38人抜き
● 4区 8.0875㎞ 長野真樹(1年) 
27分43秒(区間23位) ※参考:区間記録24分55秒
通過順位総合15位→総合16位
● 5区 3㎞ 粟田伊吹(1年)
10分46秒(区間56位) ※参考:区間記録8分33秒
通過順位総合26位→総合21位
● 6区 5㎞ 瀬戸大二朗(1年)
17分02秒(区間14位) ※参考:区間記録15分34秒
通過順位総合21位→総合19位
● 7区 5㎞ 園田幸之介(2年)
17分17秒(区間42位) ※参考:区間記録15分06秒
通過順位総合19位→総合20位

● 総合結果 2時間22分33秒 20位/63チーム

ページ移動

ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed