エントリー

カテゴリー「星槎グループ」の検索結果は以下のとおりです。

SEISA Africa・Asia Bridge 2016開催レポート

saab1.jpg

saab_title.jpg

 

星槎の中学・高校・大学が連携!
おかげさまで、大盛況!

11月12日(土)、13日(日)朝から晴天に恵まれ、今年のテーマ「“知繋(ちけい)”=知ること、繋がること」のもと、SEISA Africa・Asia Bridge 2016を開催いたしました。アフリカ、アジア、太平洋の国々に対象に、参加国数は大使館関係が13ヶ国、その他が16ヶ国、日本をあわせて30ヵ国、総来場者数5800名の皆様と共に、学びと関わり合いの輪を広げることができました。全国の生徒によるSAABの学びは、より発展し、多くの方々にご称讃をいただきました。また、リオオリンピックのオリンピアンをお招きし、それぞれのご経験や、スポーツを通した世界との関わりをお話しいただいたことも、皆様の心に響いたことと思います。今後も、さらに多くの皆様と共にSEISA Africa・Asia Bridgeをつくっていきたいと思います。引き続きご支援賜りますようお願い申し上げます。

 

 SEISA Africa・Asia Bridge 2016実行委員会 

 

 

saab1.jpg

※ SAAB Student宣言2016を採択しました。

 

saab2.jpg

※ 外務省丸山アフリカ部長と横浜市関山国際局長に採択された宣言文をお渡ししました。

 

saab3.jpg

※ 民族衣装を着用し、アフリカの草原の夕日をバックに記念撮影。

 

saab4.jpg

※ sTED(SEISA Transnational Education Design)
全国の中高生によるプレゼンテーションを行いました。

 

saab5.jpg

※ オリンピアン 夢トーク
塩浦選手(競泳)と吉岡選手(セーリング)にお話しいただきました。

 

saab6.jpg

※ SAAB2016 グランドフィナーレ

舞台の宮澤会長を中心に関わり合いの輪が広がりました。

 

(詳細は近日中にご報告させていただきます。)

星槎スポーツ新聞 第4号(20161105)

JAXA共催、スペースウェザー協会「秋の学校」のご案内

seisa_jaxa_event20161119.jpg

本年も恒例の「秋の学校」を11月19日(土)に開催します。

今回も、JAXA(宇宙航空研究開発機構)との共催で、いつものペットボトルロケット打ち上げの他、星槎国際高等高校 中濱先生(理科)より「鳥人間への挑戦」と題したお話しもあります。対象は、原則として小中学生ですが、保護者の方を含めてどなたでも参加可能です。

「楽しみながら、専門的に学ぶ」

星槎の学びを是非ご体験ください。

 

上泉義朗

スペースウェザー協会

星槎湘南大磯キャンパス

 

開催チラシはこちら(PDF)

開催内容のご案内はこちら(PDF)

参加申込書はこちら(PDF)

 

 

 

 

生徒一人ひとりとしっかりと向き合い、関わり合う学校であるために! 【星槎の教職員は、カウンセラー資格を活かし学び続けています】

seisa_news20161006.jpg

星槎の中学校、高等学校の教職員は、生徒との関わり合いの中で、やる気や気づきを捉え、日々の成長を専門的にサポートするために、「※支援教育カウンセラー(初級・中級・上級)」資格取得と実践を通して、活きる学びを続けています。

※ 支援教育カウンセラーとは、生徒との関わり、学級や学校の運営あるいは心理面でのサポートなど、教育や心理分野に特化したNPO法人星槎教育研究所による認定資格です。

 

 

眞山青果学術シンポジウム 開催のお知らせ

shinseisakuza_mayamaseika_event20161203.jpg

私たち日本人にとって、テレビなどでおなじみの「忠臣蔵」のストーリーに、大きく影響を与えた新歌舞伎『元禄 忠臣蔵 』の作者 眞山青果。歌舞伎・新劇・新派に関わった巨大な劇作家であり、西鶴研究者としての足跡も忘れられません。近世から近代への断絶と継承を象徴する存在であった眞山青果の魅力に迫る学術企画。人と人 、人と自然をつなぐ学びの創造 、「 星槎(SEISA)」がお届します 。

 

● 開催日:2016年12月3日(土)

  午後2時〜6時

 

● お問い合せ

星槎ラボラトリー 

TEL:0463-71-6046 FAX:0463-60-3507 担当:桑原 / 生沼

 

● 会場

 学術総合センター・一橋講堂(定員500名) 

〒101-8439東京都千代田区一ツ橋2-1-2学術総合センター2F

TEL 03-4212-3900

 

星槎グループ高校部門 説明会のご案内

seisa_news20150515.jpg

このたび星槎グループ高校部門『星槎学園高等部・星槎国際高等学校・星槎高等学校』の学校説明会を開催させていただきます。

また、当日は、各部門の個別相談ブースにてカリキュラムや教育活動全般及び入試概要について個々にご相談させていただきます。

つきましては、ご多用中とは存じますが、本会にご参加いただきたくご案内申し上げます。併せて、進路指導担当者ならびに保護者の皆様にもお知らせいただきたく存じます。

なお、ご出席いただける際は、誠にお手数をお掛けいたしますが、

メール・電話または別紙のファックス申込用紙をご利用いただき10月15日(土)までに、お知らせいただきますようお願い申し上げます。

 

 

① 開催日

(午前の部:塾、医療機関他対象)

日時:平成28年10月19日(水)(受付開始9:40)

学校説明会/10:00~11:20

個別相談会/11:30~12:30

 

(午後の部中学、高等学校教職員他対象)

日時:平成28年10月19日(水)(受付開始 12:30)

学校説明会・生徒体験談 / 13:00~14:50

個別相談会 / 15:00~16:00

 

② 会 場

町田市交流文化センター5F 会議室けやき

町田市原町田4丁目1番14号 電話 042-710-6611

JR横浜線「町田駅」町田ターミナル口直結

小田急線「町田駅」徒歩5分

 

③ 内 容

学校説明会(個別相談)

[高校部門:平成28年度転入・編入学含む]

 

④   参加校

【高校の部】

星槎国際高等学校(通信制)

星槎学園高等部(技能連携校)

星槎高等学校(全日制)

 

・FAXでお申込みの方  046-296-5255(FAX申込書

・e-mailでお申込みの方 atsugi@seisa.ed.jp

→学校名、氏名、住所、連絡先、ご相談希望の部門をご明記ください。

 

・お電話でお申し込みに方ならびに総合お問い合わせ先

星槎国際高等学校 厚木学習センター(担当:安田)

TEL:046-296-5252

 

 

*お手数をお掛けいたしますが、10月15日(土)までにお申し込みをお願いいたします。

星槎スポーツ新聞 第3号(20161005)

SEISA Africa・Asia Bridge 2016がやってくる!

seisa_saab20161017.jpg

昨年、来場者数約4,000名、参加国数17か国、11の国々の大使館の方々にもお越しいただき

大盛況だったSEISA Africa・Asia Bridge 2015(通称SAAB)。

アフリカ、アジア、太平洋地域(PACIFIC AREA)の国々の方々と共に、

全国の次の世の中を担う児童、生徒、学生が、多様性の素晴らしさを体感し、共「KYOSEI」について考えるイベントです。

今年は11/12(土)、13(日)の二日間開催にスケールアップして、準備中です。

皆様、ご期待ください!

 

 

① 実施日時

平成28年11月12日(土)10:00~15:00、    13日(日)10:00~16:00

② 場所

星槎中学高等学校

〒241-0801神奈川県横浜市旭区若葉台4-35-1

③ 問い合わせ先

SEISA Africa・Asia Bridge 2016実行委員会事務局

星槎中学高等学校内 [担当 蓮田 亮大]

TEL:045-442-8687 / Eメール:saab@seisa.ed.jp

④ 主催

公益財団法人 世界こども財団 

学校法人 国際学園

SEISA Africa Asia Bridge 2016 実行委員会

  

● 入場券はこちら
● facebookページはこちら
● SAAB2015 リポートはこちら

 

 

10月16日(日)仁風庵星槎塾 はなしの玉手箱 第8回開催

来る10月16日(日)

京都の仁風庵(国有形登録文化財)にて

仁風庵星槎塾が開催されます。

お席に限りがございますのでご予約をお願い致します。

 

テーマ(仮)医療現場から見た「人生の幕引き」

講師:森洋一(京都府医師会長)

2016年10月16日(日)

開演14:00 会場13:30

会費 2500円

 

ご予約・お問い合わせ

kayo-y@yamamotojin.com

TEL:075-441-7403

20161016jinpuan.jpg

10月16日(日)セイサみらいサロン「箱根の水をフィールドワークする」開催

星槎箱根キャンパスにて、小田原・箱根地域の場所文化を継続的に掘り下げる

セイサみらいサロンは、ご好評を得て3年目に入っております。

本年度第3回目は、水を辿るフィールドワークです。どなたでもご参加頂けますので、

秋の箱根の新たな魅力を知る取組みに、ぜひご参加ください。

 

miraisalon_20161016.jpg 

10月16日(日)第3回 箱根の水をフィールドワークする

芦ノ湖の水のゆくえ、早川の恵みの変遷を知ると、箱根はもっと深くなる。

「芦ノ湖の水はどこに流れ出している?」今回はこのクイズから始まります。

芦ノ湖と早川の水の流れ、早川のアユ漁などの事情を通して、箱根の水の秘密に迫ります。

 

●案内人    郷土史家・勝俣正次さん、早川河川漁業協同組合組合長・細川孝さん、

      日本教育大学院大学教授・永井礼正さん

●スケジュール

 ※少雨の場合はフィールドワーク決行。本降りの場合は屋内にて講演

 13:00 受付開始

 13:30 星槎大学箱根キャンパスにて講義

 14:05 マイクロバスにてフィールドワークへ

     湖尻水門~箱根用水出口・深良用水記念碑~宮野城さくら館

 16:30 解散

●持ち物 歩きやすい靴、帽子、傘、雨具、虫対策

●参加費 300円(団体保険料・ペットボトル水代)

●定員 先着25名(定員に達した場合はお申込みを締め切らせて頂きます)

●問い合わせ・お申込み

 星槎大学横浜事務局 (担当 天野) 046-979-0261 amano_megumi@seisa.ac.jp

 

《案内人と講師のプロフィール》  

勝俣正次さん 箱根町仙石原在住。郷土史研究家。箱根用水と逆川事件の歴史に詳しい。  

細川孝さん 早川河川漁業協同組合組合長。

                釣り愛好家としても早川の河川環境に強い関心をもっている。

永井礼正さん 日本教育大学院大学教授。アユ釣りの名人として早川の釣り人でもある。 

 

 

 

 

ページ移動

ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed