エントリー

2015年10月の記事は以下のとおりです。

速報「宮澤ひなた」U-16日本女子サッカー代表に選出!

skk_mainimage18.jpg

 

星槎国際高等学校 湘南学習センター 女子サッカー専攻「宮澤ひなた」が

U-16日本女子サッカー代表に選出されました!

皆さまからの熱い応援、よろしくお願いいたします。

 

湘南学習センターホームページ

鎌倉 大仏殿高徳院 星槎塾「はなしの玉手箱」(第4回) 

「ポルトガルと日本の関係」

 講 師:浜中 秀一郎(元ポルトガル大使)

 日 時:2015年10月24日(土)14:00〜(13:30開場)

 会 場:大仏殿高徳院 書院(鎌倉市長谷4−2−28)

※詳しくはこちらをご覧ください。

こちらのフォームからもお申し込みいただけます。

 

芦別市での福祉公開シンポジウム(11/27)のご案内

詳しくはこちら(案内チラシ)をご覧ください。

開催の趣旨

講演 「共生社会への道程-ブータンの特別支援を通して―」国連アカデミックインパクト加盟記念

2015107日に星槎大学附属国際交流センターが主催する、

ブータンのダラクショ特別職業訓練校のカルマ・サムテン氏による、

「共生社会への道程-ブータンの特別支援を通して

と題した講演会が開催されました。本講演会は、星槎大学の国連アカデミックインパクト加盟記念、国連創設70周年記念として企画されたものです。

カルマ氏のご講演では、ダラクショでの実践、スポーツの重要さ、スペシャルオリンピックスでの活躍などについて語られました。それまでブータンには特別支援の学校はなく、障がいを持つ子どもや若者は、家で過ごしていたり、普通学校で適切な教育を受けられなかったのですが、2001年にダラクショが創設され、それぞれの子どもに合った、美術工芸や縫製などの職業訓練、ソーシャルスキルトレーニングやスポーツなどが施されるようになり、自立への道が開かれたとのことでした。

卒業生も70人近くいて、お店やホ テルなどに就職したり、工芸品を作ったりして経済的に自立し、結婚したり、子どもを持ったりしているとのことでした。ダラクショでは、障がいがあっても市 民として社会参加できるように子どもたちを促すとともに、社会の側にも、障害があっても平等な一人の市民として社会参加することを啓蒙しており、子どもた ちのスポーツ大会や学芸会には、王族も見学にいらっしゃり、ブータン国営テレビでも放映もされるとのことでした。

 

星槎では、毎年実施するブータンへのフィールドトリップでダラクショを訪れており、共生社会を創り上げようとするために多くのことを学びあっています。

1.png

 

10/4開催! 京都仁風庵 星槎塾「はなしの玉手箱」(第5回)

「南蛮屏風下張り文書の秘密」

 講 師:伊藤玄二郎(星槎大学教授、エッセイスト)

 日 時:2015年10月4日(日)14:00〜(13:30開場)

 会 場:仁風庵(登録有形文化財)

※詳しくはこちらをご覧ください。

こちらのフォームからもお申し込みいただけます。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed