エントリー

2017年09月の記事は以下のとおりです。

横浜大学まつりに参加します

星槎大学は、横浜大学まつりに参加します

http://www.city.yokohama.lg.jp/seisa…/daigaku/partnership/…/

9月30日(土)、10月1日(日)10:30~18:00

みなとみらい21クイーンズスクエア横浜周辺で、行われます。

 

本学からは、

樫永卓三先生   手ぶらで造形!

天野一哉先生   KJ法でキャリア学習パフォーマンス

         未来予測でタペストリーづくり

高木由起子先生  からだを上手に動かしてみよう! 

がミニ講義を開催しますので、お近くの方はぜひお立ち寄りください。入場無料です。

横浜大学まつりサイト

http://www.city.yokohama.lg.jp/seisaku/daigaku/partnership/yuf/

9月14日の電話受付時間のご案内

緊急の工事のため、9月14日(木)の電話受付時間を18:00までとさせていただきます。ご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。
星槎大学横浜事務局

加藤先生(星槎国際福井)より、桐生祥秀選手の日本初9秒台観戦の速報です。

加藤先生(星槎国際福井)より、桐生祥秀選手の日本初9秒台観戦の速報です。その歴史的瞬間に立ち会った唯一の星槎の職員として、メッセージをいただきました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

早速興奮冷めやらぬ間に書きました。

 

桐生祥秀選手の日本人初9"98をその場で観ていました。

感動を皆様に。

 

今話題の日本で初めての9秒台を出した試合「天皇賜杯第68回日本学生陸上競技選手権大会」で競技役員をやっていました。私も10年以上選手として陸上を続け、この大会は大学4年間出場し、入賞した経験もある思い出深い大会でありました。来年の福井国体開催やこの大会の福井開催が決まったころ、福井陸上競技協会専務理事であり福井GCの卒業生保護者でもある先生に頼まれ、私も協力することになりました。

On Your Marksの合図で盛り上がっていた会場は一気に静まりピストルの音と共に大声援の中スタートし、タイマーが9.99で止まった時は割れんばかりのとはこのことかというくらいの拍手。その後正式タイムが9.98と発表されたときは爆発的な盛り上がりで、スタッフ、審判、補助員すべてが苦労を忘れ笑顔で飛び跳ねて喜んでいました。

今まで何試合も陸上の試合をみてきましたがこのような歴史的な試合は初めてで鳥肌が立つくらい感動しました。

 

 

福井学習センター 加藤 純一

 

 

第1回 星槎アートキャンプ@星槎高尾キャンパスが無事終了!

seisa_news20170909_3.jpg

星槎大学・星槎国際高等学校は、初の試みとしてジャンルの異なるアートのコラボレーションに挑みました。専門化されすぎたアートや確立されすぎた教育のあり方そのものを問い直す試みです。器楽、演劇、美術、映像、ダンスに特化した16名の高校生たちが星槎高尾キャンパスに集結しました。

 

seisa_news20170909_4.jpg

 

8月22日(火)から4日間の合宿。3日目の夜はディナーショーとして公開され、星槎大学や新制作座の先生方にも成果をご覧いただきました。星槎高尾キャンパスの食事を支える山下シェフ等によるディスプレイや創作料理も、アートの作品として参加者を楽しませました。

 

<ディナーショープログラム>

1部

● パイレーツBANG(ユニットバレエダンス)

 泣いた赤おに(演劇、美術)

 カノン(器楽、演劇、ダンス)

 〜 ディナー 共生と星槎をテーマにしたお食事 〜

 

2部

 喜びの歌(器楽)

 オペラ「リナルド」より 私を泣かせてください (器楽)

 ~ JAM SESSION TIME ~

 Rising Sun 【EXILE】(ユニットダンス)

 I’m A Fan  【Pia Mia】(ソロダンス)

 星槎の歌

 

内容は、音楽と身体表現を組み合わせたり、物語のイメージを絵に描きアニメーションにしたものと演劇を合わせたりと、文字通り「枠を超えた表現」をすることができました。

また、レゲエが専門の生徒がバレエに挑戦したり、キャラクターを描くことが中心だった生徒が風景画に挑戦したりと、それぞれの専門の中でも未知への挑戦がありました。

seisa_news20170909_2.jpg

初めて出会う生徒同士も…、さすが星槎の生徒!お互いのカテゴリを尊重しながら切磋琢磨していました。これは大人が見習いたいと思いました。

seisa_news20170909_1.jpg

教員自身も新しいスタイルに戸惑いが隠せませんでした。また、時間が制限されている中で発表できる段階にもっていかなければならないプレッシャーもありました。しかし、生徒たちは4日間の限られた時間で集中し、自分の持てる力を最大限に発揮することができました。普段のゼミ授業はまだまだ甘いと感じてしまうほど、主体的で深い学びを実践した「第1回 星槎アートキャンプ」になりました。

 

(横浜鴨居学習センター 吉田真由美)

 

 

 

SEISA文化祭 平葵(たいらあおい)全国ツアー 2017 開催のお知らせ

seisa_news20170907.jpg

あなたの街に、最寄りのSEISAに、平葵がやってくる!
星槎国際高等学校の卒業生で、現在は東京を中心にシンガーソングライターとして活躍を続ける、平葵さんの全国ツアーを、星槎全国同窓会「星友会」主催で、開催いたします。
 
最寄りの方は、ぜひ、平葵さんの世界観にひたってみてください!
また、音楽の道に興味のある、中学生、高校生、地域のみなさん、ぜひこの機会に、夢に向かってひたむきに走り続ける19歳に刺激を受けてみてください!!
 
●   9月24日(日)会場:星槎国際仙台 文化祭    http://seisa.ed.jp/sen/
● 10月01日(日)会場:星槎国際名古屋 文化祭 http://seisa.ed.jp/nagoya/
● 10月22日(日)会場:星槎国際福岡東 文化祭 http://seisa.ed.jp/fkok/
● 11月12日(日)会場:SEISA Africa Asia Bridge 2017 (横浜・星槎中学高等学校) http://seisahighschool.ed.jp/
 
* 時間・交通アクセスなど詳細は、各リンク先をご覧ください。
 
 
 
【平葵(たいらあおい)プロフィール】
 
1998年7月13日生まれ。沖縄県出身シンガーソングライター。
星槎国際沖縄 卒業生、星槎全国同窓会「星友会」副会長。
沖縄県内各地ライブやイベントに多数出演し、テレビなど県内メディアに大きく取り上げられた。透明感のある澄んだ歌声と、メッセージ性が強く10代とは思えない説得力のある歌詞は高く評価され、老若男女を問わず多くの人を魅了している。
2014年6月「閃光ライオット2014」3次審査福岡大会出場/2014年12月 「星槎オリンピック・クリエイティブ 歌バンド部門」にて金賞
受賞/2015年11月「The 9th musicrevolution」九州・沖縄FINALSTAGEにてグランプリ受賞
 
公式サイト:https://www.tairaaoi.com/
 
 
 

金メダリスト、江村美咲さんが来校!

seisa_omiya_news20170902.jpg

8月に台北で行われた、ユニバーシアード夏季大会に出場し、みごと団体戦で金メダル、個人戦で銅メダルを獲得した江村美咲さんが星槎国際川口キャンパスに来校。父の北京オリンピックでのフェンシング競技監督江村宏二氏と共に※彩の国プラチナキッズの指導にあたりました。今回の練習は、間近にせまる全国大会出場に向けた最終トレーニングとのことで、子ども達は熱心に指導を受けていました。

---

平成30年4月、川口キャンパスでは『スポーツアスリートコース』が開設されます。今回来校された江村宏二氏の指導はもちろん、元ロンドンオリンピック近代五種監督の才藤 浩氏、リオオリンピックコーチの本間孔一氏 等、著名なアスリートが直接指導を行います。特に、フェンシングのエペ、サーブル及び近代五種の指導をしっかりと受けられる学校は、全国的にみても本校のみとなります。お問い合わせ等、随時お待ちしております。

詳しいお知らせはこちら

 

 

 

【速報】打鼓音、東日本大会準優勝、全国大会へ

seisa_news20170904.jpg

 

太鼓祭クレア鴻巣 東日本一決定戦

平成29年9月3日

場所 埼玉県鴻巣市 クレア鴻巣文化センター

 

星槎グループ

一般組太鼓部門 打鼓音 準優勝

 

昨日は第11回目の東日本一決定戦が行われました。

今回は一般の部に小学生から高校生までジュニアと打鼓音の研修生の20名が出演しました。最年少 で小学校4年生でしたが、力一杯太鼓を叩きました。星槎高校からも1年生の筒井君が出演し、大太鼓のパートで活躍しました。

 年々激戦区となる東日本大会はレベルも上がり、毎年日本一に進める団体もないなか、打鼓音の演奏は響の精神を持ち、笑顔で楽しく大人以上の技術力を持ったすばらしい演奏をしてくれました。演奏最中から会場では大きな拍手が沸き起こりました。終わってみると司会者までもが感動をし、言葉に熱く語っていただきました。

 大太鼓部門では勇壮な太鼓を打った江下が3位でしたが、日本一への駒は進めませんでした。

 よって東日本を勝ち抜いた上位2チームが日本一決定戦へと駒を進めます。今回で7年連続の日本ベスト8です。12月9日に行われる日 本一決定戦では再度日本一をかけて演奏します。是非、今後とも応援ください。

 昨日は保護者から地域、星槎グループ関係者、そして保護者とたくさんの方々に応援にきていただきましたことを心から厚く御礼申し上げます。

 

星槎グループ

創作和太鼓集団打鼓音

渡邊 晃伸

 

 

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed