エントリー

2018年02月の記事は以下のとおりです。

星槎大学オープンカレッジ 京都仁風庵星槎塾 特別編 開催!

星槎大学オープン・カレッジ 京都仁風庵星槎塾

今回は、陶芸家 樂家十五代当主  樂 吉左衛門 氏を迎え

特別編として開催いたします。

国有形登録文化財に指定されている京都・仁風庵にて

時の流れを感じながら自身と向き合う時間をつくりませんか。 

ご予約はこちらから。

 

2018年3月21日(水・祝)14:00開演

対談シリーズ

〜匠と語る日本の未来〜

匠の精神と力をどのように明日の日本につなげるか

ゲスト:樂 吉左衛門(陶芸家 樂家十五代当主)

対談ホスト:近藤 誠一

(一般社団法人 TAKUMI -Art du Japon代表理事)

会費:2,500円

2/11付毎日新聞朝刊に宮澤会長、星槎グループが 紹介されています。

● 詳しい記事は下記よりご覧ください。

 

『ストーリー 多様な生徒は「俺の鏡」(その1) いかだで星を目指す』
URL https://mainichi.jp/articles/20180211/ddm/001/040/162000c

『ストーリー 多様な生徒は「俺の鏡」(その2止) 「普通」なじめぬ子に』
URL https://mainichi.jp/articles/20180211/ddm/010/040/165000c

 

 

 

2017 SEISA-RTC STAR Program

第7回SEISA-RTC STAR(Study of Trust Achievement Respect)プログラムで、ブータンのロイヤルティンプー・カレッジから10名の学生と3名の教職員の皆さんが来日されました。2018年1月27日(土)から2月7日(水)まで滞在期間中、星槎大学や大学院を始め、世界こども財団、星槎国際高校、星槎学園、星槎中学校・高等学校、打鼓音、新制作座などと交流し、楽しい時を共有しました。 また、国立天文台、太陽光発電所、新聞博物館、給食センター見学、清掃工場、お寺などを見学し、日本の科学技術、エネルギー、食育、社会システム、歴史文化などについての学びを深めました。 修了式では学長からプログラム修了証書が手渡され、全員が笑顔で受け取って、これから日本とブータンの懸け橋となって活躍することを約束しました。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed