エントリー

2020年10月の記事は以下のとおりです。

“機械との共生”「星槎全国親の会・同窓会」から、ICT機器の寄贈!「贈呈式」が執り行われました。

“機械との共生”「星槎全国親の会・同窓会」から、ICT機器の寄贈!「贈呈式」が執り行われました。1

全国で約7,000名が学ぶ星槎の中学生・高校生を陰に陽に支えながら、保護者・卒業生同士がつながり、元気になり、笑顔の連鎖を子どもたちに伝えていく星槎の後援会「星槎全国親の会〈星親会〉〈星睦会〉」と、「星槎全国同窓会〈星友会〉」。

このたび、星槎後援会より全国約40校の中高校舎に寄贈された、最新の大型モニタやタブレットをはじめとするICT機器の「贈呈式」が2020(令和2)年10月19日(月)、星槎高尾キャンパスをメイン会場として、北海道から沖縄、そして、インドネシア・ジャカルタで学ぶ生徒会の生徒ら、各校代表約200人をオンラインで繋いで執り行われました。

 

“機械との共生”「星槎全国親の会・同窓会」から、ICT機器の寄贈!「贈呈式」が執り行われました。2

星槎の中学校・高校では2004年の星槎大学開学以来、オンライン(当時は、SONY社のPCSビデオ会議システムを使用)を活用し、星槎大学との高大連携授業から始まり、中高の一斉授業や、海外で学ぶ生徒の学びの手段として、オンライン授業を実践してまいりました。

COVID-19の影響を受け、全国的、世界的にオンラインによる授業が例外なく当たり前になる中、全国後援会のご厚志により、星槎においてもさらなる全国的なICT環境の拡充を目的として、全国約40校舎へICT機器の贈呈をいただきました。

大型モニタをはじめとするICT機器は、星槎の応援団であり、公益財団法人世界こども財団の法人会員でもあるアイリスグループ様のご協力により、今年8月から9月にかけて日本全国に配送され、授業はもちろん、生徒会活動や部活動、文化祭、SEISA Africa Asia Bridge、体験入学など、あらゆる場面において日常的に有効活用されています。

私たちは50年近くにわたり、子どもたちが必要とすることに対しては可能な限り、応えてきた自負があります。しかしながらそのことは、“良いもの”を揃えることを目標とすることを意味しているわけでもありません。良いものを揃えることには限界があります。星槎の子どもたちは、全てお膳立てされるのではなく、今、目の前にあるものでいかに知恵をつなぎ、仲間を作り、目標に向かっていくことができるか、そんなことを日々、考え、学び、実践しています。

 

“機械との共生”「星槎全国親の会・同窓会」から、ICT機器の寄贈!「贈呈式」が執り行われました。3

「特別なことよりいつものこと。お金をかけるより知恵と工夫。」
一般的には、ICT機器は学校に入学し通学する中で、当たり前のように教室に設置され、当たり前のように使用するものかもしれません。 私たちは、当たり前ではないことを実感するからこそ、その取り扱い方、そしてインターネットとの上手な向き合い方について、主体的に考えることができると考えています。

今回の贈呈式という一つの授業をもって、“機械との共生”という、新しいテーマについて、次の日本、世界を担う中学生、高校生の新たな学びのきっかけづくりとなることを願っています。


〈2019年度 SEISA グランドポスターより〉
大事なのは、有名人より目の前の人。
特別なことよりいつものこと。
お金をかけるより知恵と工夫。
しぶとい生徒を育てる、S 校参上。

 

2019年度 SEISA グランドポスター

 

創部3年目で初優勝を飾る! 星槎国際立川 サッカー部

創部3年目で初優勝を飾る! 星槎国際立川 サッカー部

自分と向き合う手段として、あるいは仲間と関わる、仲間を作る手段として、星槎は多様なスポーツのあり方を応援し、大切にしています。定時制・通信制高校のスポーツの祭典、「全国高等学校定時制通信制大会」もその一つです。

定時制通信制の部活動、大会だからこそ、他では味わえないドラマと、感動があります。
興味があったけど今一歩踏み出せなかったスポーツに、星槎で初めて挑戦することができた。あるいは、転校してしばらく離れていたスポーツに、あらためて楽しく取り組むことができたなど、定時制・通信制のスポーツにもたくさんのドラマがあり活躍があります。

そんな定時制通信制大会の東京都予選において、星槎国際立川 サッカー部が創部3年目にして、見事優勝。
試合相手は、全国大会優勝常連校である、都立世田谷泉高校。準決勝とダブルヘッダー、無観客試合、そして雨風が降りしきるという、かなりの悪条件の中、強豪校とのプレーに集中力を切らすことなく、後半の最後の最後に1点を決めることができました。世田谷泉高校の皆さんも、ありがとうございました。

星槎国際立川 サッカー部は、11月に行われる関東大会に出場します。引き続きぜひご声援をお願いいたします。

【2020年度東京都高等学校定時制通信制秋季サッカー大会決勝】2020.10.17
vs.都立世田谷泉高校 1-0 勝利


星槎国際立川 ホームページ

 

 

【学校説明会のお知らせ】働きながら、保育士を目指すあなたに。SEISAの「保育士受験コース」。

【学校説明会のお知らせ】働きながら、保育士を目指すあなたに。SEISAの「保育士受験コース」。

「子育てをしながら、保育士を目指したい」
「高校を卒業したら、働きながら保育士の夢を叶えたい」

そんな人が学ぶ、星槎国際高校専攻科「保育士受験コース」の学校説明会を開催いたします。
高校卒業、あるいは高校卒業見込みのすべての人が対象です。
ぜひこの機会に、お気軽にご参加ください。


【都合の良い日時を選んで、参加してください】
第1回 11月 29日(土)14:00〜15:00
第2回 12月 16日(水)16:00〜17:00
第3回 01月 27日(水)16:00〜17:00
第4回 02月 17日(水)16:00〜17:00

● オンライン開催になります。お申し込み後、参加方法をご案内いたします。
● お申込み  TEL 046-296-5252  / メール atsugi@seisa.ed.jp


〈保育士受験コースとは〉
星槎(せいさ)グループは、創設以来50年にわたり、教育・福祉・医療の分野で「社会に必要とされること」を創造し、その実践を重ねてまいりました。昨今、保育士の人材不足が社会課題となる中、星槎国際高等学校では、専攻科「保育士受験コース」を設置。働きながら保育士を目指す人、子育ての経験を活かすために学びたい人など、多様な方々の保育士受験を応援しています。

本コースにおいて2年間の通信教育課程を修了すると、保育士を取得するための国家試験の受験資格を得ることができます。実際には卒業見込みで2年次の4月に国家試験を受験しますので、1年半の間でテキスト・レポート等を中心として、国家試験の受験対策を進めていきます。

また、星槎国際高等学校は学校教育法第1条に規定される学校であるため、「無料職業紹介事業」を行うことが可能です。皆様の居住されている地区の施設などからいただいた求人を公開し、全国の学習センターで閲覧をしていただくなどの対応も行っています。

まずは一度、お問い合わせください。星槎グループは、社会に必要とされるあなたを応援します。

 

〈資料請求はこちら〉 https://form2.seisa.ac.jp/kokusai/
〈WEBサイトはこちら〉 http://www.seisa.ed.jp/hoiku/


▼ お問い合わせ先

星槎国際高校専攻科
保育士受験コース(事務局) TEL 046-296-5252

 

 

星槎道都大学硬式野球部、秋季リーグ戦 2年ぶり16度目の優勝!

星槎道都大学硬式野球部、秋季リーグ戦 2年ぶり16度目の優勝!

星槎道都大学硬式野球部は、2020(令和2)年9月30日(水)札幌円山球場にて行われた北海学園大学戦(2位)に 2 – 1 で勝利し8勝目 (通算8勝2敗) を挙げ、1試合を残し、2季ぶり16回目の札幌6大学野球 (1部) 秋季リーグ戦優勝を決めました。

本来であれば、「第51回明治神宮野球大会」 (11月・東京)への出場を狙い、北海道の王座をかけた「北海道地区代表決定戦」に臨むところでしたが、10月9日に明治神宮野球大会の中止が決定。予定されていた「北海道地区代表決定戦」 (10月12~14日 : 苫小牧とましんスタジアム)を、「北海道地区王座決定戦」とし、12日の一試合のみが行われました。その北海道の大学NO1を決める王座決定戦では、北海道連盟(1部)優勝校の苫小牧駒澤大学と対戦、優勝チーム同士らしい熱い戦いが繰り広げられ、3-3、互角のままで試合終了。今シーズンの戦いを締めました。

応援いただきました皆さま、ありがとうございました。

星槎道都大学ホームページ

 

2度目の全国優勝を目指して!星槎国際湘南 女子サッカー部、7年連続の関東大会進出!

2度目の全国優勝を目指して!星槎国際湘南 女子サッカー部、7年連続の関東大会進出!

星槎国際高校湘南 女子サッカー部は、第29回全日本高等学校女子サッカー選手権神奈川県予選において優勝、関東大会へとコマを進めました。

7年連続となりますが、7回とも同じ勝ち方はありません。当たり前ではなく、一つひとつの試合に生徒たちのたくさんの学びと、困難と、そして努力の結果が現れています。


2年前の日本一の景色をもう一度見るために、そしてもう一度日本中、世界中の仲間を感動の渦にまきこむために、彼女たちの厳しく、そして長い闘いが始まっています。
みなさま、応援のほど、よろしくお願いいたします。


【第29回全日本高等学校女子サッカー選手権神奈川県予選決勝】2020.10.10
vs.湘南学院高校 1-0 勝利

星槎国際湘南 ホームページ

 

10月20日より論座(朝日新聞デジタル)に本学教授 三田地真実先生の執筆した記事が掲載されています。

10月20日より論座(朝日新聞デジタル)に本学教授 三田地真実先生の執筆した記事が掲載されています。

 今こそ「大学非常勤講師」の過酷な待遇の議論を : あまりに大きな賃金格差、声をあげにくい構造

https://webronza.asahi.com/science/articles/2020101600003.html

 

 

11月14日(土)開催!「第6回SEISA Africa Asia Bridge2020」

学校法人国際学園はじめ星槎グループでは、まだまだ知らないアフリカ、アジア、太平洋の島国を知り、お互いを認め合い、そして、つながる“架け橋”となることを目的とした国際交流イベント「第6回SEISA Africa Asia Bridge 2020」を11月14日(土)、今年も開催いたします。

昨年は日本を含めた32カ国が参加し、約8,000人を上回る来場者を迎え、盛大なフェスティバルとなりました。昨年に引続き、今年のテーマも「知繋(ちけい)」。知ること、繋がること、仲間になることを意味する言葉です。

今年は全ての会場、全てのプログラムをオンラインで配信いたします!
ご自宅あるいはインターネットの環境が整っている場所であれば、どこからでも参加可能です。
詳細につきましては、SAAB特設ホームページにてご案内いたします。
現在、SAAB特設ホームページ開設に向けて準備を進めておりますので、お楽しみに。

今年もfacebook、Instagram、twitterで情報を配信していきます!
ぜひ、フォローをお願いします!

 

SAAB公式サイト
https://seisasaab.com/


→ 公式facebook https://ja-jp.facebook.com/SEISA.SAAB/

→ 公式Instagram https://www.instagram.com/seisa_africa_asia_bridge/

→ 公式twitter https://twitter.com/seisaasia?s=21

 

シニアデビュー戦、初白星を飾る!星槎国際横浜2年鍵山選手、フィギュアスケート関東選手権大会にて優勝!

星槎国際横浜2年鍵山選手、フィギュアスケート関東選手権大会にて優勝!

星槎国際横浜2年の鍵山優真選手が、シニアデビュー戦のフィギュアスケート関東選手権大会において非公認ながらも世界歴代5位相当のスコアを出し、優勝しました。

星槎には、在校生にも卒業生にも、星槎で大きく成長し、世界に挑む仲間たちがいます。星槎を代表し、日本を代表し、そしてアスリートを代表して、戦い方、生き方を試され、世界中が見守る中で、目覚ましい活躍を続けています。
引き続き応援のほど、よろしくお願い申し上げます。

● 鍵山優真が完全初優勝 サルコー解禁で驚異的スコア
https://www.nikkansports.com/sports/news/202010040000955.html

● 鍵山優真が合計287.21点でシニアデビュー戦V
https://news.yahoo.co.jp/articles/661a073f56efc84c19906d733eed9845efa8c256

 

星槎版インターハイ、そして全員が輝ける通信競技まで! 第1回、秋の星槎北海道交流イベントが開催。

第1回 秋の星槎北海道交流イベント開催1
第1回 秋の星槎北海道交流イベント開催2
第1回 秋の星槎北海道交流イベント開催3
第1回 秋の星槎北海道交流イベント開催4
第1回 秋の星槎北海道交流イベント開催5

「すべての生徒に輝く場面を」という想いで、スポーツや小説、文芸、スピーチ、音楽、ダンス、料理、伝統競技、駅伝、通信競技など、10種類以上のカテゴリーの中、全国の生徒が集い、競い合い、学び合う、星槎の6000名以上の中高生が集う一斉授業「星槎オリンピック」。 そんな18年続く星槎オリンピックの北海道大会が2020年1月、初開催され、【冬季スポーツ部門】【パラスポーツ部門】に分かれ北海道はもちろん、全国から中高生が集い、熱く戦いました。
(第1回星槎オリンピック 北海道大会の模様はこちら http://seisa.ed.jp/seisanews/index.php/view/512

そんな星槎オリンピック 北海道大会に加え、星槎北海道から発信するもう一つのイベントがスタート。

第一回となる今回は、2020(令和2)年9月30日(水)に開催。今回は、COVID-19の影響で部活動の各大会が中止になる中、もう一つのスポーツで輝ける場面作りとして、「星槎版インターハイ」がオンラインで繋いで開催。走り幅跳びからリレーまで、実際のオリンピック・パラリンピックの実施種目を中心に北は旭川、南は立川まで、100名を超える生徒が競い合いました。

また、スポーツに興味がなくても輝ける場面作りとして、通信競技「オンラインだるまさんが転んだ」「全員一致ゲーム」を開催。この半年でなれ親しみ、学んだオンライン会議システムの機能をフル活用し、誰でも参加できるオンラインイベントとして、熱く盛り上がりました。

オンラインやPC、スマホといった機械とともに作る、あたらしい生活作り・生き方が求められる中で、人と人、人と自然、人と宇宙、あらゆる「共生」を50年にわたり科学し、実践してきた星槎は、「人と機械の共生」にも挑みます。
「リアル→ネット→やっぱりリアル、時々ネット」。ネットがあるからこそより、リアル、すなわち関わり合うことの楽しさと貴重さを知ることができる、大きな学びの機会でもありました。

引き続き北海道から発信される星槎の学び作り、イベントにご注目ください!

10月9日より論座(朝日新聞デジタル)に本学教授 三田地真実先生の執筆した記事が掲載されています

10月9日より論座(朝日新聞デジタル)に本学教授 三田地真実先生の執筆した記事が掲載されています。
『松田聖子』と時代を生きる~デビュー40年、私たちのシンボルステータス
掲載記事はこちら        

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2

ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed