エントリー

富士山大太鼓コンテストにて打鼓音の江下光利さんが初優勝、日本一に!

seisa_news20160731_1.jpg

seisa_news20160731_2.jpg

2016年7月31日に行われた、大太鼓の日本一を決める同コンテストで、打鼓音の江下光利さんが初優勝し、日本一に輝きました。31回目を迎えるこの大会は、30日に予選が行われ48人の中より22人が決勝へ進み、翌31日に本選が行われ、全国の大太鼓打ちの頂点に立ちました。

 

< 江下 光利さんの感想 >

大太鼓日本一になりました!!
皆さんの応援のおかげです。本当にありがとうございます。
まさか、自分の名前が呼ばれるとは思っていなく、2位の発表の時にもう自分は呼ばれないだろうと思っていたのですが、自分の名前が呼ばれて心の底から驚き、そして、嬉しさが込み上げてきました。
小学校の頃に星槎で太鼓に出会い、響や打鼓音の先輩達の背中を追いかけてきた10年間でした。小学校の時に掲げた大太鼓で日本一になるという夢をついに叶えることが出来ました。
 今年で5回目の出場で、その5回の間には予選敗退したこともありましたし、本選に行っても入賞することが出来なかったこともありました。正直、心の中ではもう諦めようかと思ったこともありました。
しかし、渡邊代表に作曲をして頂き、自分で編曲をした曲と今までの努力の成果が今回の最優秀賞という形で残せたことが嬉しいです。
 本当に皆さんの応援のおかげです。今日は大会に出場させて頂きありがとうございます。
次は東日本一決定戦があるのでこの結果に満足せず、その先を見据えて精進していきたいと思います。

 

打鼓音ホームページ

 

 

ページ移動

ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed