エントリー

10月16日(日)セイサみらいサロン「箱根の水をフィールドワークする」開催

星槎箱根キャンパスにて、小田原・箱根地域の場所文化を継続的に掘り下げる

セイサみらいサロンは、ご好評を得て3年目に入っております。

本年度第3回目は、水を辿るフィールドワークです。どなたでもご参加頂けますので、

秋の箱根の新たな魅力を知る取組みに、ぜひご参加ください。

 

miraisalon_20161016.jpg 

10月16日(日)第3回 箱根の水をフィールドワークする

芦ノ湖の水のゆくえ、早川の恵みの変遷を知ると、箱根はもっと深くなる。

「芦ノ湖の水はどこに流れ出している?」今回はこのクイズから始まります。

芦ノ湖と早川の水の流れ、早川のアユ漁などの事情を通して、箱根の水の秘密に迫ります。

 

●案内人    郷土史家・勝俣正次さん、早川河川漁業協同組合組合長・細川孝さん、

      日本教育大学院大学教授・永井礼正さん

●スケジュール

 ※少雨の場合はフィールドワーク決行。本降りの場合は屋内にて講演

 13:00 受付開始

 13:30 星槎大学箱根キャンパスにて講義

 14:05 マイクロバスにてフィールドワークへ

     湖尻水門~箱根用水出口・深良用水記念碑~宮野城さくら館

 16:30 解散

●持ち物 歩きやすい靴、帽子、傘、雨具、虫対策

●参加費 300円(団体保険料・ペットボトル水代)

●定員 先着25名(定員に達した場合はお申込みを締め切らせて頂きます)

●問い合わせ・お申込み

 星槎大学横浜事務局 (担当 天野) 046-979-0261 amano_megumi@seisa.ac.jp

 

《案内人と講師のプロフィール》  

勝俣正次さん 箱根町仙石原在住。郷土史研究家。箱根用水と逆川事件の歴史に詳しい。  

細川孝さん 早川河川漁業協同組合組合長。

                釣り愛好家としても早川の河川環境に強い関心をもっている。

永井礼正さん 日本教育大学院大学教授。アユ釣りの名人として早川の釣り人でもある。 

 

 

 

 

ページ移動

ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed