エントリー

【第2弾】星槎が表現する高大・中大連携、アクティブラーニングのかたち

昨年の11月12日、13日に開催されたSEISA Africa・Asia Bridge 2016にて、全国の星槎の中高校生、近隣の高校生が一堂に会し、アフリカやアジアとのつながりや国連のSDGS(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)をテーマに、10年先、20年先、50年先の未来ついて考え、行動するsTED(Seisa Transnational Education Design:通称ステッド)から、生徒たちの熱いプレゼンテーションをご覧ください。

 

● 星槎国際高等学校 名古屋学習センター 加藤 充貴

 

● 星槎高等学校 野尻 大地

 

● 星槎国際高等学校 沖縄学習センター 奥平 紗菜

 

 

ページ移動

ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed