エントリー

エリトリア、アスマラを学んでいます!

eritria120175025_2.png

 

首都アスマラ、そしてエリトリア国全体が「インディペンデンス・ウィーク」の真っ只中にあります。今回はもちろんこれまでの貢献への感謝の表れとして、宮澤氏と打鼓音チームは様々なイベンドへの招待を受け、忙しい毎日を送っています。

522日、月曜日の夕方には、アスマラのメインストリートで開催されたパレードを見学しました。街が暗くなる頃、初めに公演を行ったシネマ・アスマラのテラスに座っていました。そこは貴賓席で、ほとんど全ての大臣を含む政府・政党の幹部が招待されていました。パレードは厳しい状況の中で30年以上にわたって戦われた解放戦争の歴史を描くとともに、その後9つの民族が平和に共生する社会を謳っていました。平和な社会で育ってきた打鼓音メンバーにはコンサート体験とは違った意味で忘れがたい夕べとなったようです。

翌日の火曜日には、文化・スポーツ庁のゼメデ長官とともに地元自治体組織のフェスティバルに招待されました。アスマラ市内には地域毎に自治体組織があり、それぞれ民族や宗教に関係なく、機会ある毎にともに集まりお祝いをする習わしです。特にインディペンデス・ウィークのお祝いは特に盛大に行われます。私たちのメンバーは二ヶ所に招待され、その地区の食べ物や飲み物をいただき、また様々な民族ダンスに参加して、楽しい時を過ごさせていただきました。一ヶ所ではゼメデ長官から「少なくとも6つの民族の人々が集まっている」と教えていただきました。ですが、フェスティバルは本当に何の違和感もなく行われていてました。これは言葉では容易いことですが、現実の世界の中ではなかなか実現していないことです。そして、まさにこれが、世界こども財団、星槎グループが追い求め、これからも探し求めているものに通じるものでもあります。

 

eritria120175025_5.png

eritria120175025_3.png

eritria120175025_4.png

eritria120175025_1.png

 

ページ移動

ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed