エントリー

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中で 学びの継続のために本学が実施する総合的な修学支援について

2020年5月7日

新入生、在学生の皆さんへ

星槎大学学長  山脇 直司 

 

 

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中で

学びの継続のために本学が実施する総合的な修学支援について

 

新型コロナウイルス感染症による影響は我が国の経済社会全般に及んでおり、深刻さを増すとともに、長期化が避けられそうにない情勢にあります。本学は、先にもお知らせしたとおり、このような中にあっても皆さんが誰一人として学びを断念することがないように、通信制の大学としての本学の特色・機能をフルに発揮して修学を支援できないか、検討を重ねてまいりました。

この度本学は、以下のとおり、経済面の支援とオンライン受講環境面の支援からなる総合的な修学支援を実施することにいたしましたのでお知らせします。この時期、お一人おひとりが抱える困難さの内容や程度は異なると思いますが、お一人で悩まず、ぜひ本学の担当窓口にご相談いただき、星槎本学ならではの学びを継続してください。本学は全力で皆さんの学びを応援します。

 

1.経済的に困難を抱える学生の皆さんに対する学修支援

新型コロナウイルス感染症の影響で我が国の経済活動が大きく縮小していることから、経済的に困難を抱える方もいらっしゃることと思います。皆さんが置かれている現在の厳しい経済環境に鑑み、本学としては、以下のとおり、経済面の支援制度を弾力的に運用し、皆さんの学修を支援いたします。

 

(1)学費の減免

   新型コロナウイルス感染症の影響による家計維持者の収入減少により経済的に困難な状態にあって、学修の意欲が高く、本学の学費減免基準に該当する皆さんについては、入学金、編入料、登録料、授業料、面接授業(スクーリング)受講料等の学費を減免します。

 

 

(2)学費分納・延納制度の弾力的運用

本学においては、従来から学費の分納や延納制度を設け、学生の皆さんの学びを支援してまいりました。この制度をより柔軟に運用することにより、学費減免の対象にならない学生の皆さんについても、新型コロナウイルス感染症の影響下での学びを支援いたします。

特に学費の延納については、皆さんの個別事情に応じて随時申請を認めるとともに、納付期限についても1年間まで延長できるようにします。さらに、猶予期限時の経済状態によっては再延長も認める等の弾力的な運用を行い、学生の皆さんの個別事情にきめ細かく対応してまいります。

 

(3)国の支援制度の申請支援

国においても、20204月から「高等教育の修学支援新制度」をスタートさせ、 経済的に困難な学生の皆さんの支援を強化しています。本学では、一定の要件(世帯所得や学業成績)を満たす場合には、その申請を積極的にサポートいたします。以下の情報を参照の上、本学担当窓口にご相談ください。

 

(参考)文部科学省 特設ホームページ

「学びたい気持ちを応援します」

http://www.mext.go.jp/kyufu/index.htm

     文部科学省 ホームページ

「新型コロナウイルス感染症の影響で学費等支援が必要となったみなさんへ」

http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/hutankeigen/1420041_00003.htm

 

2.オンライン授業の受講支援

新型コロナウイルス感染症の影響下にあっても授業を止めない方策として、本学は、従来から活用してきたWeb会議システムZoomを用いた双方向のオンライン授業を、対面型のスクーリングに代わる授業形式として全面的に採用することとし、先月、その準備として、皆さんのWeb受講環境に関するアンケート調査を実施させていただきました。その結果、回答いただいた方のおよそ1割の方が何らかの理由によりオンライン授業に対応できないことが明らかになりました。

本学は、この調査結果を踏まえ、オンライン授業を困難にしている要因別に以下のとおりの支援を実施することとします。

 

(1)PC・タブレット等の情報機器が整っていない皆さんへの支援

ノートPC(カメラ・マイク内蔵)を希望者に無料(貸出し時・返還時の往復送料も本学が負担します)で貸出します。ただし、本学で準備できる台数に限りがあり、ご希望に沿えない場合がありますので、予めご了承ください。

 

 

(2)インターネット環境が整っていない皆さんへの支援

モバイルWi-Fiルータを希望者に無料(貸出し時・返還時の往復送料も本学が負担します)で貸出します。ただし、本学で準備できる台数に限りがあり、ご希望に沿えない場合がありますので、予めご了承ください。

 

(3)自宅でのオンライン受講が難しい皆さんへの支援

   幼いお子さんがいる、ご家族の方の介護があるなど、様々な事情から自宅受講が難しい皆さんには、最寄りのビジネスホテルの個室におけるWi-Fiサービスの利用(個人負担)をお勧めします。

   また、本学が定める危機レベルが下がり、星槎グループが全国各地に展開する学習センターにおいてオンライン授業が可能になった場合には、利用可能な最寄りの学習センターをご案内いたします。

これらの関連情報については、学生ポータルサイトでお知らせいたします。

 

(4)情報機器の操作に不安をお持ちの皆さんへの支援

   PCやタブレット等の情報機器の操作ができない、不慣れである等の事情からオンライン授業が受けられない皆さんには、印刷教材による学修や対面スクーリング日程の変更等の方法により対応させていただきます。

 

(5)習熟度に応じたサポートについて

   受講環境が一通り整っている皆さんであっても、機器操作の習熟度はお一人おひとり異なると思います。Zoomの利用方法などについて、その習熟度に応じてきめ細かいアドバイスを個別に実施させていただきます。

 

本学が実施する以上の総合的な修学支援については、学生ポータルサイトで申請方法などをご案内しております。こちらをご覧いただき、本学の支援制度をご利用ください。

 

この時期、学びを継続することはとても大変だと思いますが、このようなときだからこそ、その先の明るい未来を信じ、本学での学びを続けましょう! 本学は、教職員一丸となって皆さんの学びを応援します。

以上

 

 

 

ページ移動

ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed