広域通信制・単位制高校・普通科 学校法人 国際学園

立川の通信制高校 星槎国際高校 立川学習センターの取り組みについて。星槎国際立川の目指す学校づくり。

星槎国際立川15周年ロゴ
 
  1. 広域通信制・単位制高校・普通科 星槎国際高等学校 ホーム
  2. 星槎について

星槎国際立川の取り組み星槎国際立川の目指す学校づくり

 
授業・ゼミ風景
 

星槎国際立川は小・中・高・大の総合教育機関。学びの AtoZ がここにあります。
子どもたちを中心に、年齢、国籍を超えた関わり合いの中で「自立」を支援していきます。

 
大学
星槎大学(通信制・共生科学部)では、環境・教育・福祉・国際の分野で、広く一般社会人の方々に生涯学習の場を提供します。また、特別支援学校教諭の免許取得講座、教員免許更新講習などで、現職の先生方を応援します。
専攻科
高校卒業後、次のステップに向けてさらなる実践を積むために1年ごとに設けられる課程で、学校教育法第58条により正式な学歴として認められています。 もう少し時間をかけて進路を考えたい/演劇に携わりたい(演劇コース)/保育士受験を目指したい(保育士コース)など、さまざまな目的を持った生徒が在籍しています。
高等学校(星槎国際立川)
なかなか学校に通えなかった人も、進学したい人も、プロスポーツ選手を目指す人も、10人いたら10通りの学びを経験できる、”全員にえこひいきする”高校です。 週5日〜月1日の間で選択できる登校日数と、110種類の選択授業「ゼミ」や、150種類の学校行事、30種類の部活動とを組み合わせ、自分だけの時間割を作ります。
ソーシャルスクール(小・中学生)
現在学校に通えていない・休みがちである・社会性を身につけたいといった小学生・中学生が対象の学び舎です。単なる居場所で終わらず、学力を伸ばしながら、60種類の選択授業「ゼミ」の中から夢中になれるものを見つけ、成功体験を積み重ね、自己肯定感を育みます。
国際交流
星槎グループ 公益財団法人世界こども財団と連携し、元WHO医務官のスマナ・バルア氏主宰ワークショップの開催や、ブータン王国の大学・RTCの学生との交換留学プログラムの実施など、生徒・学生・保護者など立場を超えた国際交流の場面創りを行なっています。
地域貢献
不登校、発達障がい相談をはじめ、セミナーやワークショップを通じて情報を発信します。また、毎月一回、どなたでもご参加いただける茶話会・勉強会を開催しています。
 

数字で見る星槎国際立川

110 種類の選択授業「ゼミ」
興味のあることは、何時間でもやっていたいと感じたことはありませんか? 自分は何が得意で、どういう方向へ向かうべきなのかを見つけるために、ここには選択肢がたくさんあります。
詳しくはこちら
150 種類の学校行事
夏休みの「夏企画」や、星槎オリンピック、文化祭、体育祭、修学旅行、地域イベント、海外研修・・・ホンモノに触る”生”の行事を通して、学校に行きたくなるキッカケが見つかります!
30 種類の部活動・同好会
通信制高校ですが部活動・同好会が盛んです。運動系は数多くが全国大会出場。大人気なのが文化系。みんなにスポットライトが当たる部活動・同好会です。
詳しくはこちら
(無限)の可能性
サイパン海外研修旅行、ブータン交換留学プログラム、星槎アフリカ・アジアブリッジなど、年齢、国籍、を超えた関わり合いの中で、将来につながる経験をたくさん積みます。
 
星槎の教職員について
職員全員が生徒全員と積極的に関わりを持ち、さらに生徒は接しやすい職員を選んで、何でも相談することができます。日々の関わりの中で、可能性を引き出しながら、一人ひとりの状況に気を配っています。
* 星槎の教職員は、「支援教育カウンセラー」資格を取得しています。
* 星槎国際立川には、臨床心理士・臨床発達心理士・ソーシャルワーカー・養護教諭が在籍しています。